こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Apple、WWDC基調講演を日本時間6月4日午前2時開催・ライブ配信実施・WWDCアプリも公開

Appleは、2019年の世界開発者会議「WWDC19」基調講演の招待状を各メディア関係者に送付しました。

基調講演は現地時間6月3日(月)午前10時(PDT/太平洋夏時間)に開催されます。
日本時間では6月4日(火)午前2時です。
iOS13、macOS10.15、watchOS6、tvOS13などのソフトウェアが初めて披露される見込みです。
また、新型Mac Proや新しい単体ディスプレイなどいくつかのハードウェアの新製品も同時に発表される可能性もあります。Appleは昨日新型MacBook Pro (2019)を発売しました。


招待状にはユニコーンのアニ文字が描かれています。
また、Appleは本日、WWDCアプリのアップデートも公開しました。

WWDC19は、6月3日から7日まで、会場となるカリフォルニア州サンノゼのMcEnery Convention Centerで開催されます。



基調講演の模様は、公式サイトにてライブストリーミング配信されます。

公式ライブ中継は、iOS10以降のiPhone/iPad/iPod touchのSafari、 macOS v10.12以降のMac Safari、Apple TV第2世代以降、Windows10のMicrosoft Edge、最新バージョンのChrome/Firefox (MSE, H.264, AACが必要)で視聴可能です。



新しいWWDCアプリは、アイコンがカスタマイズ可能になり、WWDCのテーマにしたiMessageステッカーも利用可能になります。

WWDC

WWDC

  • Apple
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料


アイコンカラーがブラックを背景にしてダークテーマに合わせていることから、AppleはiOS13に待望久しいダークモードを搭載すると予想されています。



WWDCの発表について、これまでの噂を整理しておくと、

などが出ています。

iOS13など新バージョンのOSは即日開発者らにプレビューが提供されるはずです。

Source:Rene Ritchie on Twitter, MacRumours