こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

AirPods ProやAirPodsを綺麗にする方法をAppleが公開:古いAirPodsを掃除して汚れを落としてみた

「AirPods Pro」が発売されたけど、本体カラーが白色というのがちょっと。すぐに汚れそうだし、汚れやキズも目立ちそう。そんな風に思っていて購入をためらっている方もいるかもしれません。
Appleは公式サポートページを更新し、AirPods Proを含むAirPods のお手入れ方法を公開しました。

必要なもの

AirPodsをきれいに保つには、日々のお手入れとクリーニングがかかせません。
お手入れにに使うものとしては、公式サポートページでは、糸くずの出ない柔らかくて乾いた布、綿棒のほか、必要に応じてイソプロピルアルコールも使う方法が紹介されています。
また、9to5Macは綿棒、flosser pick(ホルダー型デンタルフロスや糸ようじ)、マイクロファイバークロスブルタック(粘着ラバーやひっつき虫)を挙げています。

いずれも、マイクロファイバークロスのような糸くずの出ない柔らかい布で乾拭きするのが基本です。鋭利な道具や研磨剤に使用はご法度です。
AirPods Pro のイヤフォンは耐水性はありますが、防水仕様ではありません。充電ケースは防水性も耐水性もありません。



 

AirPods ProやAirPodsイヤフォンを綺麗にする

  • AirPods Proをきれいなマイクロファイバークロスなどで拭く
  • 必要に応じて、布を流水などきれいな水で少し湿らせて拭き取ってから乾いた布で拭く
  • 完全に乾燥するまでケースに収納したり、使用したりしない
  • マイクやスピーカーのメッシュ部は乾いた綿棒を使う
  • 必要に応じてフロッサーピックなどで届きにくい部分を掃除する
  • ブルタックなどはスピーカーグリルなどに付着したネバネバした汚れを取り除くのに便利

 

AirPods Pro のイヤーチップを綺麗にする

  • 左右のイヤフォンからイヤーチップをそれぞれ取り外し、イヤーチップを水ですすぐ(石鹸などは使わない)
  • 糸くずの出ない柔らかくて乾いた布でイヤーチップを拭き、完全に乾いてから取り付ける(イヤーチップは楕円形をしているので、正しい位置にはめ込む)

 

AirPods や AirPods Pro の充電ケースを綺麗にする

  • 糸くずの出ない柔らかくて乾いた布を使用して、必要に応じて、イソプロピルアルコールで布を少し湿らせて拭き取る
  • Lightning充電ポートに液体が浸入しないよう注意し、ポート内にゴミなどが詰まっている場合は毛先が柔らかく清潔で乾いたブラシを使って掃除する

 

AirPodsをクリーニングしてみた

イソプロピルアルコールとは何?と思い調べてみると、IPAという略語でも知られ、メガネレンズのクリーナー、CDやDVDなどのプレイヤーのクリーナーなどでも使われているそうです(IPAについて|洗浄・溶解・接着等 お役立ち便覧 | 三共化学株式会社)。

メガネクリーナーということで、家にあった「メガネ屋が本気で作った除菌ペーパークリーナー 」を使ってみたところ、3年前に購入した初代AirPodsに付着していた黄ばみのような汚れが綺麗に取れました。
説明には「パソコンやスマートフォン画面の指紋跡の掃除にも最適」とあるので大丈夫かと思い使ってみました(責任は持てませんのでご使用はご自身の判断で)。



個人的にはブルタックひっつき虫などのような、貼って剥がせるソフト粘着剤(練り消しゴムのようなもの)で、指を使って好きな形に成形し、スピーカーの網や縁などをペタペタとするとベタベタした汚れを取り除くことができたので便利でした。ただし、やりすぎてソフト粘着剤の方が取れなくなったりする可能性もあるので、目立たないところで試すなど慎重に使用してください。


www.kobonemi.com

Amazon.co.jp
Apple
AirPods & ヘッドフォン
「AirPods Pro」を検索