こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

M2 MacBook Pro 256GBモデルのSSDが遅い問題、実際の使用でも残念な結果に

M2チップを搭載した13インチMacBook Proの256GBモデルは、同容量のM1搭載モデルよりもSSDの性能が低いことがベンチマークテストで指摘されていました(関連記事)が、Max Techによる実際の環境でのテストでもM2搭載モデルのほうが劣っていることが示されています。

M2搭載MacBook Pro

256GB SSDと8GB RAMを搭載したM2 MacBook Proは、Photoshop、Lightroom、Final Cut Pro、マルチタスク、ファイル転送を含む複数の使用テストで、256GB SSDと8GB RAMを搭載したM1 MacBook Proより速度が低下していました。
マルチタスクRAMテストでは、複数のアプリケーションを開いた状態でM1の方が一貫してコンテンツの読み込みが速く、アプリケーションを開いた状態でLightroomで50枚の画像を書き出すテストでもM1の方が速くなりました。M1は50枚の画像を3分36秒で書き出すことができたのに対して、M2は4分12秒かかりました。
これらテストでは、MacBook Proの内蔵8GBユニファイドメモリをさまざまな処理で使用し、SSDを仮想メモリとして使用しています。仮想メモリのスワップにより、システム全体のパフォーマンスが低下しています。
搭載メモリ以上を使う作業の場合はSSDの速度差が出てきてしまうというわけです。

youtu.be

これらの結果はMax Techが行った全てのパフォーマンステストで一貫しており、先日行ったベンチマークテストでも同様の結果が確認されていました。M2 MacBook Proの読み込み速度は約50パーセント遅く、書き込み速度は約30パーセント遅いようです。

  • 13インチMacBook Pro (M1/256GB) 読み込み速度:2,900/書き込み速度:2,215
  • 13インチMacBook Pro (M2/256GB) 読み込み速度:1,446/書き込み速度:1,463

Max Techは、この性能差はAppleが選択したNANDフラッシュストレージに起因すると考えています。
M2 MacBook Proでは256GBのNANDフラッシュストレージチップを1つ搭載していますが、M1 MacBook Proではそれぞれ128GBと思われるNANDチップを2つ搭載しています。複数のNANDチップを搭載することで、並列に高速化を図ることができ、その差がM2の性能の理由かもしれません。

SSDのパフォーマンスが低下するのは、13インチMacBook Proの256GBバージョンに限られるようで、それ以上の容量のマシンでは同じ問題は示されていません。MacBook Proの購入を検討しているなら、この性能の問題を認識しておくと良いかと思います。

Source: MacRumors

M2搭載MacBook Proの価格は、Apple公式サイトで178,800円から。
ビックカメラ.comiconなど家電量販店やAmazonでも購入できます。
ビックカメラ、Amazonともに5%ポイント還元となっています。

新しいiPhoneやiPod touchの情報は新型iPhoneの噂カテゴリーにまとめてあります。
新しいiPadに関する情報は新型iPadの噂カテゴリーにまとめてあります。
新型Macを含むMac全般の情報はMacカテゴリーに、iMacの情報はiMacカテゴリーに、MacBook ProやMacBook Airの情報はMacBook Pro, Airカテゴリーに、Mac StudioやMac miniについてはMac miniカテゴリーに、それぞれまとめてあります。
新モデルの噂を含むApple Watchに関する情報はApple Watchカテゴリーにまとめています。
AirPodsの情報はAirPodsカテゴリーにまとめてあります。
iOS16とiPadOS16に関する情報はiOS 16カテゴリーに、iOS15とiPadOS15についてはiOS 15カテゴリーに、それぞれまとめてあります。

Apple公式サイト
ドコモオンラインショップ
ソフトバンク
ワイモバイル
au Online Shop
楽天モバイル
UQモバイル

ビックカメラ.comicon
Amazon.co.jp