こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iOS13はアプリが取得した位置情報を地図上で確認可能に、追跡理由も

Appleはユーザーのプライバシーを重視する姿勢を表明し実践していますが、「iOS 13」では、アプリがバックグラウンドでユーザーの位置情報を使用しているときに、ポップアップ通知が表示され、ユーザーはアプリが取得した位置情報を確認できるようになります。

これまでは一旦許可してしまうと、そのアプリがどのように位置情報を取得し使用しているのかは不明でした。iOS13ではこの点が改善され、視覚的に示されることで、ユーザーはそれをもとに判断を下すことができるようになります。

通知には、アプリが追跡した位置データを表示した地図も含まれています。
9to5Macが一例として紹介している写真では、TeslaアプリとApple Storeアプリによって追跡された位置データが示されています。



また、通知には地図に加えて、そのアプリがなぜ位置情報を追跡しているのか、その論拠も提示されています。

Teslaアプリでは、(アプリが開いている間に)ユーザーの車に近い場所を表示し、(アプリがバックグラウンドにある間に)車のPhone Keyを最適化するために位置情報を使用していると表示しています。

Apple Storeアプリでは、ユーザーがどこにいるかに応じて関連製品や機能、そしてサービスをユーザーに提供すると説明しています。



Appleによれば、iOS13ではこのようなポップアップが定期的に表示され、ユーザーに判断を仰ぎます。
また、アプリに対する位置情報の使用許可として、新たに「1回だけ」という許可が追加されています。

これまでは「常に許可」「許可しない」「このAppの使用中のみ許可」の3つだけでした。
「一度だけ」許可オプションは一時的な認証であり、次回の起動時には再度表示されます。


iOS13の主要な機能や目立たないけど重要な刷新は次の記事にまとめています。

www.kobonemi.com


iOS13については「iOS 13」カテゴリーに、iOSの便利な使い方は「iOS Tips」にまとめています。