こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

新型iPad Pro 2018年モデルの発売日・デザイン・スペックなどの噂

Appleは2017年に、9.7インチ、10.5インチ、12.9インチの3サイズのiPadを発売しました。
そして、2018年の新しいiPadの噂が出始めました。
Macworld UKはそれらを集めて現在知ることのできる情報をまとめています。

新モデルの発売日

現行最新のiPad Proは、2017年6月に開催されたWWDC 2017で発表されました。
来年のWWDCで新モデルの発表を期待することができますが、昨年の9.7インチモデルのように春にイベントを開催する可能性もあります。
Bloombergによれば、2017年モデルの発売から1年以上後になります。新しいiPadモデルは、夏の終わりから秋の早い時期に、おそらくは8月から9月になることが予想されています。
一方、MyDriversによれば、2018年第1四半期(4月~6月)末か第2四半期(7月~9月)にリリースされるという予測です。



iPad Pro + iPhone X = iPad X - Martin Hajek
 

デザイン

Appleは、iPhone XのデザインからiPadにも複数のデザイン変更を与えるとみられています。
Bloombergによれば、少なくとも1モデルはホームボタンを廃止し画面の端を覆う全画面ディスプレイを採用し、Touch IDからFace IDに切り替える見込みです。また、この新モデルは現行の10.5インチモデルに近い画面サイズになるといわれていますが、ホームボタンをなくすことでその分ディスプレイサイズを大きくしたり、画面サイズはそのままに筐体サイズを小さくする可能性もあります。
OLEDディスプレイは生産上の困難さなどから搭載されないとBloombergの情報筋はみています。


Martin Hajek氏は、iPhone Xのデザインを取り入れた新しいiPad Pro(その名もiPad X)のコンセプトイメージを制作しています。


スポンサーリンク


 

プロセッサ

現行iPad Proには、iPhoneのフラッグシップモデルに搭載されるプロセッサの改良版が搭載されることが常です。iPad ProにはA10X Fuisionチップが搭載されていますが、これはiPhone7シリーズのA10チップの強化版です。
したがって、iPad Proの2018年モデルには、iPhone8やiPhone Xに搭載されるA11 Bionicプロセッサを強化したA11X Bionicが搭載されるを考えられます。
MyDriversによれば、A11X Bionicチップは台湾のTSMCにより7nmプロセスで製造され、A11チップに対してCPUコアを2基増設した構造になります。A11は10nmプロセスで製造され、高性能コアMonsoonを2基、高効率コアMistralを4基という構成です。それに対してA11X Bionicは高性能コアMonsoonを3基、高効率コアMistralを5基となります。



 

価格

現在、Apple Storeでは、9.7インチiPadは37800円から、10.5インチiPad Proは69800円から、12.9インチiPad Proは86800円からの価格(いずれもWi-Fiモデル、税別)で販売されています。
新しいiPadシリーズがこの水準の価格を維持することを期待しますが、iPhone Xの全画面ディスプレイなどを採用することで価格を上げてくる可能性もあります。



Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp