読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Apple WatchのS1チップはiPhone 5s時代の28nmプロセス、見えてきた次世代モデル

Apple Watch

Apple Watchの心臓部「S1」チップの更なる詳細をChipworksがレポートしています。

S1チップは26×28mmという大きさに、その中にA5チップ相当のアプリケーションプロセッサ(AP)、512MBのメモリー、Wi-Fiチップ、加速度計やジャイロメーターなど30以上ものコンポーネントが内蔵されています。

今回、Chipworksの分析で明らかになったことは多くありますが、特筆すべきはAPです。
「APL0778」と刻印されたAPは、28nmプロセスで製造されていました。


28nmのAP

APはSamsungによって製造されており、実を言うと、28nmプロセスというのは最新の技術ではありません。
iPhone6/6 Plusに内蔵されているA8チップは20nmプロセスで製造されています。
28nmプロセスというのは、iPhone5sで使われていたプロセッサにも用いられていました。
今後、Samsungは更に微細な14nmプロセスで新チップを製造します。
おそらくは次世代iPhoneやiPadで実際に搭載されるでしょう。

スポンサーリンク

発売されたばかりであるにも関わらず、Apple Watchのプロセッサは世代の古い製造技術で作られています。
つまり、Appleは次期Apple Watchのために改善の余地を残していることを意味します。

より微細なプロセスで製造されたAPは、現在のS1チップを更に小型化することに貢献するでしょう。同時に、消費電力効率は向上し、処理能力も高められるはずです。

次期Apple Watchは現行モデルよりもバッテリー駆動時間は延長され、より高速に動作することができることを予想できます。

新モデルの噂

その次期モデルについて、血圧や酸素濃度などを計測できる第二世代のヘルスセンサーの内蔵などが予想されています。
そうしたセンサーの改善や新センサーの追加も次世代プロセスで製造されたAPであれば十分可能でしょう。

今年後半には、新しいアロイが追加されるともいわれています。
現行モデルは、アルミニウム、ステンレス、18Kのアロイがありますが、それ以外に別の素材のアロイが加わるという情報があります。

Apple Watchに関する最近の記事

www.kobonemi.com
www.kobonemi.com

Source:Chipworks via Mac Rumors, 9to5Mac

Apple Store

ヨドバシ.com
ビックカメラ.comicon
ソフマップ・ドット・コムicon
ヤマダ電機

Amazon.co.jp