読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Apple WatchのS1チップ内部詳細:512MB RAMやApple製プロセッサなど

Apple Watch

Apple Watchの心臓部S1チップをABI Researchは分解し、その内部を明らかにしています。

S1には、Elpida 512MB RAM、SanDiskおよび東芝 8GB フラッシュストレージを内蔵しています。

メモリー容量からいえば、Apple WatchはiPhone 4/4s、iPod touch第5世代、iPad miniなどと同じです。

メインプロセッサにはApple製を示す「APL 0778」という型番が刻印されています。
「APL 0778」は他のApple製Aチップと同様にARMベースのカスタムチップとなるでしょう。

スポンサーリンク

このプロセッサがどのくらい小さいのか、9to5Macは超小型の「ARM Cortex M0」をゴルフボールと比較した写真を紹介しているJoe Walnes氏のツイートを掲載しています。

チップの大きさはわずか1.6mm×2.0mmとのこと。
一緒に撮影されているゴルフボールのドットパターンと比べると、このプロセッサが以下に小さいが分かると思います。

その他、Apple Watchには、Wi-Fi、Bluetooth、NFCといった一通りのワイヤレス通信システム、ワイヤレス充電システム、タッチコントローラなどを備えていることも確認できます。

Apple Watchに関する最近の記事

www.kobonemi.com
www.kobonemi.com

Source:ABI Research via 9to5Mac

Apple Store

ヨドバシ.com
ビックカメラ.comicon
ソフマップ・ドット・コムicon
ヤマダ電機

Amazon.co.jp