読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Surface Pro4がすぐに発売されたとしても短命に終わる理由

Microsoft Surface

Microsoftは、Broadwellを搭載した「Surface Pro 4」をすぐにでも用意するだろうとThe Motley Foolは予想しています。

しかしながら、同時に「Surface Pro 4」は非常に短命に終わるかもしれないともみています。

その理由を確認してみましょう。


The Motley FoolのAshraf Eassa氏は、Microsoftが先日発表されたBroadwellチップを搭載する「Surface Pro 4」をローンチすると予想し、それほど期間をおかずに「Surface Pro 5」さえ登場すると考えています。

Eassa氏いわく、Surface Pro4は単に強化されたSurface Pro3の場合がある。というのも、1つ前の世代のHaswellと「互換性を持つソケット」のBroadwellによって、比較的小さな変更でBroadwell搭載の新しいSurface Proを作ることができるからです。
もし、Broadwell搭載の新型Surface Proが出たとしても、それは次のSkylakeとWindows 10によって生み出される真の次世代タブレットが登場するまでの運命だと考えられています。

つまり、Skylakeを搭載した次世代モデルが仮にSurface Pro5だとして、それは本当の意味で大きな刷新となる。Broadwell搭載のSurface Pro4が登場したとしても、それはSurface Pro5が出るまでのつなぎだ、という見方です。

スポンサーリンク


2月にBroadwell搭載のSurface Pro 4、そして、7月にSkylake搭載のSurface Pro 5がとまでEassa氏は書いています。
しかしながら、現在のところ、Skylakeは今年後半になるとみられており、そこまで早期に搭載製品が出ることはないでしょう。

Broadwellの投入の遅れがその次のSkylakeの投入との間を狭めることになるという見方があり、今回のThe Motley Foolの主張もその1つです。この見方は、Intelプロセッサを搭載する製品サイクルに少なからず影響を及ぼすという予想につながっています。


Source:The Motley Fool

Microsoft Store

ビックカメラ.comicon
ソフマップ・ドット・コムicon

Amazon Surface Pro 3/Pro 2 特設サイト