こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone9は発売延期、iPhone12も2021年まで先送りの可能性:香港CLSA証券

新型コロナウイルスの影響で、Appleは5G搭載の新型iPhone 2020年モデル「iPhone 12」の発売を2021年初頭に延期する可能性が高いと香港CLSA証券が報告していることを經濟日報が報じています。

新型コロナウイルスによる、5Gモデルの急激な減少、Apple Storeの閉鎖、ヨーロッパと米国での渡航禁止が、買い替え需要の低下の大きな要因になったと考えられています。

CLSA証券は、5G搭載iPhoneの発売延期の可能性が高く2021年に先送りされることに加えて、「iPhone SE 2」(あるいは「iPhone 9」)も発売が延期されたと報告しているそうです。これにより下半期に予定されていた7,000万~8,000万台のiPhone出荷が来年に先送りされる見込みです。


f:id:kobonemi:20200311161043j:plain
新型iPhoneのイメージ


これまでの情報によれば、Appleは3月末にもiPhone SEの後継とされる新型iPhoneやiPadシリーズを発表すると予想されていました。
新しい廉価版iPhoneの新モデルは、iPhone8をベースに、最新のCPUを搭載し、現在最新の基本性能を備えています。
先日には、より大きなサイズのモデルと合わせて2サイズが発売されることがiOS14のコードから判明していました。
おそらく、4.7インチiPhone8、5.5インチのiPhone8 Plusの後継となるはずです。

f:id:kobonemi:20200317091221j:plain
iPhone SEとiPhone 8

新型コロナウイルスの感染拡大は、Appleの新製品スケジュールに大きな影響を及ぼすといわれています。
iPhone12のスケジュールにまで響くとすれば、その影響は非常に大きなものと言わざるとえません。
iPhoneはいうまでもなくAppleを支える屋台骨です。

今後の情報が非常に気がかりです。

via EMSOne, ワイズコンサルティング@台湾


新しいiPhoneやiPod touchの情報は新型iPhoneの噂カテゴリーにまとめてあります。
新しいiPadに関する情報は新型iPadの噂カテゴリーにまとめてあります。
iOS14とiPadOS14に関する情報は「iOS 14」カテゴリーにまとめてあります。