こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iOS13で実装予定の新機能の詳細:マルチウィンドウ・アンドゥジェスチャ・大幅進化のメール・控えめになった音量表示など

Appleが6月のWWDCで発表する「iOS 13」について。
AppleのOS開発をよく知る人物らによる情報を9to5Macが独占情報として伝えています。

すべてが実現されるかはわかりませんが、具体的で詳細な内容を含んでおり、非常に興味深いです。

ダークモード

待望の新機能であるダークモードはついにiOS13に実装されます。
ダークモードは設定で適用可能になり、高コントラストバージョンを含みます。類似した機能はすでにmacOSに搭載されています。macOSについては、Marzipanを利用してMacで動作するiPadアプリはiOSとMacの両方のシステムでダークモードを利用できるようになります。

マルチタスク・マルチウィンドウ

iOS13では、iPadで多くの刷新があります。その新機能の1つがマルチウィンドウのサポートです。

各ウィンドウは、最初はスクリーンの一部に張り付くシートになるが、ドラッグするジェスチャーでそこから剥がすことができ、オープンソースプロジェクト「PanelKit」で可能なように、自由に移動できるようなカードになります。これらカードは積み重ねることも可能で、どのカードが上にあるのか下にあるのか視覚的に判別できるようになります。カードは任意に消去することも可能です。



取り消し(アンドゥ)ジェスチャー

多くのiOSユーザーの不満の1つに、システムに「undo(取り消し/元に戻す)」が実装されていないことがあります。
iOS13では、iPadでアンドゥ・ジェスチャーが搭載されます。キーボードエリアで3本指でタップし左右にスライドさせてアンドゥやリドゥ(やり直し)ができるようになります。
ユーザーに初搭載の機能を知ってもらうために、最初にキーボードを開いた際に始まるチュートリアルも用意されます。

Safariの改善

iOS13のiPad版Safariでは、必要に応じてウェブサイトのデスクトップバージョンを自動的に要求するようになります。
この機能によって、iPadの大画面で表示させているにも関わらずiPhoneバージョンのウェブサイトを表示させてしまう問題を解決できることになります。このような挙動はYouTubeなどでよく起こり、ユーザーはその都度「デスクトップ用サイトを表示」をタップする必要がありました。

フォントの管理

フォントの管理はiOS13で大きなアップグレードを得ることになります。
新しいフォントを入手するためにプロフィールをシステムにインストールする必要はなくなります。
新たにフォント管理パネルが設定に追加され、新しい標準のフォントピッカーコンポーネントを開発者が利用でき、フォントの足りない文書を開いた際にシステムから通知が出るようになります。

より賢くなったメール

標準メールアプリは史上初めてスマートになります。
本文の内容から、マーケティング、購入、旅行、「重要でない」などなどのカテゴリーにメールを整理し、自動的に振り分け可能になり、検索可能になります。
サードパーティ製メールアプリにあるような「後で読む」を加えることもできます。

その他

サードパーティ製ドキュメントアプリでも、Appleの純正アプリPages、Numbers、Keynoteに追加された機能に類似した共同作業機能が利用できるようになります。

「Split View」使用時に、左右に異なるステータスバースタイル(明るい/暗い)を使用する機能も開発中です。

新たにデザインされたリマインダーアプリはiOS13と次期macOSで利用できるようになります。

新しい音量コントロール表示がようやく実装されます。現在の主張の激しい表示はしばしばジョークのネタになっています。

たとえばこんなジョークです。


「Hey Siri」も改善され、精度が向上します。
たとえば赤ちゃんの泣き声や笑い声などのノイズが誤認識されないようになります。キーボードと音声入力の多言語サポートが改善され、アプリ内の印刷コントロールも拡張されます。


今年のWWDCは6月3日から開催されます。
iOS 13、macOS 10.15、watchOS 6、tvOS 13などが発表される見込みです。

via MacRumors