読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone SEと9.7インチiPad Proは2GB RAM、後者のCPUは12.9インチよりも低クロック

iPhone SE iPad Pro

その理由は不明ですがAppleはiOSデバイスの搭載メモリーを発表することはないため、新モデルのiPhone SEと9.7インチiPad Proについてもベンチマークやデバイスの分解を行わない限りメモリー容量を確かめることはできません。

TechCrunchのMatthew Panzarino氏は、早速メモリを調べるアプリを使ってiPhone SEとiPad Pro 9.7インチの搭載メモリーを確かめたようです。

それによれば、iPhone SEと9.7インチiPad Proはどちらも2GB RAMを内蔵していました。

2GB RAM、これはiPhone 6s/6s Plusと同じ容量です。iPhone SEはApple A9チップを積んでおりその点でiPhone 6s/6s Plusと同じでしたが、搭載メモリーでも同等であることになります。

一方、9.7インチにも2GB RAMが搭載されていましたが、これは12.9インチiPad Proの半分です。12.9インチiPad Proは4GB RAMを搭載しています。



9.7インチiPad Proは、12.9インチモデルと同じApple A9Xプロセッサを搭載しています。しかし、前者のCPUは後者のCPUよりもクロック(周波数)を下げられているようです。9.7インチiPad Proは2.16GHz、12.9インチiPad Proは2.24GHzでした。同じCPUでは周波数の低い方がパフォーマンスも落ちます。9.7インチiPad ProのGeekbenchスコアも12.9インチモデルの平均的スコアよりも低い結果となったようです。



興味深いことに、iPhone SEのA9チップはiPhone 6s/6s Plusと同じクロック(1.85GHz)だったようです。GeekbenchテストではiPhone SEのスコアはシングルコアで2538、マルチコアで4421という結果でiPhone 6sを少し上回りました。


スポンサーリンク


iPhone SEは、3D Touchの非搭載やフロントカメラの画素数が低いことなど(もう1つ加えるならTouch IDが第1世代で6sの第2世代よりも古い)を除き、iPhone 6sと同じくらいパワフルです。一方、9.7インチiPad Proのプロセッサとメモリーは12.9インチよりも低いですが、リアカメラの高画質化とLEDフラッシュ、True Toneディスプレイなど12.9インチには搭載されていないスペックを持っています。

Source:Mac Rumors, 9to5Mac

Apple Store
Apple Store iPhoneストア
Apple Store iPadストア

EXPANSYSicon
EXPANSYS iPhone SEicon

Amazon.co.jp
iPhone SE
iPad Pro 9.7インチ