読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

新型Surface Pro4は12型と14型でiPad Air Plusよりも前に発売?7月までにとも

Microsoft Surface iPad Air Plus

Microsoftは次期「Surface Pro 4」で2つの液晶ディスプレイサイズを用意するかもしれません。

Inquisitrは、Microsoftの「Surface Pro 4」がAppleの「iPad Air Plus/iPad Pro」よりも早い時期に発売されるという情報を報じています。

iPad Air Plusは9月に発売が延期したと報道されていました。

Surface Pro4はそれよりも前に、ということですが、Inquisitrの情報源は7月までは発売されないかもしれないとしています。また、別の情報筋は7月よりも早くなるとも主張していることも伝えられています。

Inquisitrは、新型Surface Pro4のスペックについてPC Proの記事を紹介しています。

以下、PC Proの記事を確認しておきます。

  • 価格:600~1800ポンド
  • 発売時期:2015年6月~10月
  • スペック:14インチ、12インチ、miniモデル。12インチは2160×1440ピクセル液晶、16GB RAM、Intel Core M Broadwellチップ、miniモデルはIntel Atom 64bitチップ、8~10インチ液晶を搭載の噂

発売日について

これまでのSurfaceシリーズの発売日は次の通り。

  • Surface:2012年10月
  • Surface Pro:2013年2月
  • Surface 2:2013年10月
  • Surface Pro 2:2013年10月
  • Surface Pro 3:2014年6月

初代Surfaceシリーズが2012年10月に登場以来、翌年の2013年に第2世代、そしてその翌年の2013年6月に現行第3世代がデビューしました。こうしてみると、1年あるいは9か月ほどの間隔で新モデルを発表していることになります。

過去の発売時期からみて、PC Proは今年6月から10月の間に第4世代が発表されると予想しています。現行モデルから少なくとも1年間が経過したことになり、新モデルの投入タイミングとしては悪くありません。

加えて、前述の通りInquisitrは7月ごろまでに発売されるという情報を伝えていることになります。


スペック

第4世代は、第3世代で登場した12インチディスプレイを搭載した新モデルと、さらに大きな14インチを搭載したモデルの2つのバリエーションが用意されると予想されています。

さらに以前から噂のあるミニサイズモデルもあるかもしれません。
Surface miniともいわれている小型デバイスは、Nexus7やiPad miniと類似したサイズ、8型ディスプレイを搭載するといわれています。
しかしながら、Microsoft自身がミニモデルをお蔵入りにしたという報道もあり、今さら発売されるかは不透明です。

12インチと14インチのSurface Pro4は、どちらも2160×1440ピクセルの解像度、最大16GB RAM、そして最大1TBの内蔵ストレージを搭載するとみられています。
現行Surface Pro3は同解像度の12インチ液晶、最大8GB RAM、512GBのストレージというスペックです。

Surface Pro4には新たにIntel Broadwellプロセッサが搭載されると予想されています。現行モデルはHaswellプロセッサです。

Surface miniは64bitのAtomプロセッサが採用されると考えられています。

スポンサーリンク



Windows 10

PC Proは、Surface Pro4がWindows 10を搭載すると考えています。
新モデルには新OSが最もふさわしいということになるのでしょうが、Windows 10のリリース時期よっては後日無償アップデートとしてSurface Pro4にはWindows 8.1をインストールし発売する可能性もあります。

デザイン

現行のSurface Pro3よりもさらに薄型化されることが予想されています。
MicrosoftがイスラエルのデジタルペンメーカーN-trigを買収するという報道から、Surface Pro4でもスタイラスに力を注ぐことは容易に想像できます。

価格

少なくともSurface Pro3と同様にハイエンドモデルとして位置付けられると考えられます。
600ポンド(約10万円)から1600ポンド(約30万円)で液晶、CPU、RAM、ストレージによるバリエーションが用意されると予想されています。
PC Proは英国の情報サイトなのでポンド換算です。
日本では、現行Surface Pro3は、最も安いCore i3 4GB RAM 64GBモデルが91,800円、最も高いCore i7 8GB RAM 512GBモデルが202,800円(税抜)です。
もしSurface Pro4に14インチモデルが追加されるのであれば、12インチの現行Surface Pro3よりも高価になると思われます。

その他、最近の情報では、Surface ProシリーズにCellularモデルが追加されるというものもありました。

Surface Pro4にLTE搭載の可能性 - こぼねみ
また、BroadwellではなくSkylakeまで待つ可能性もあるでしょう。

Surface Pro4がすぐに発売されたとしても短命に終わる理由 - こぼねみ

Source:Inquisitr, PC Pro, Phone Arena

Microsoft Store

ビックカメラ.comicon
ソフマップ・ドット・コム icon
Amazon Surface Pro 3/Pro 2 特設サイト