読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

WSJ:iPad Air Plus/iPad ProにUSB3.0搭載やマウスとキーボード接続も

iPad Air Plus

Appleが大型iPad Air Plus(iPad Pro)の生産を9月に延期したというBloombergの報道に続き、The Wall Street Journalはその新モデルにUSB3.0ポートが搭載されることを伝えています。

記事では大量生産が今年後半を目標としていること、Appleが現在大型iPadのデザインと特徴とを検討しており、高速なデータ転送と周辺機器との接続性を考慮していることを報じています。

また、ディスプレイサイズはこれまで噂されてきた通り12.9インチになるようです。

関係筋によれば、Appleは大型iPadについてさまざまに検討しており、現在では他のコンピュータデバイスとのデータ同期のために、より高速な転送技術を考慮しています。また、複数の関係筋はこのポートにキーボードとマウスを接続することも検討していると話しました。

iOSデバイスはこれまでApple独自のコネクタしか採用してきませんでした。当初は30ピンDock、そして、現在はLightningポートが搭載されています。また、現在まで、iOSデバイスではキーボードだけはBluetoothで接続できますが、マウスは接続できません。
大画面iPadでUSBが採用されるとすれば、iOSデバイスでは史上初であり、キーボードとマウスが直接接続できるのも初めてのことになるはずです。

スポンサーリンク


その他、大型iPadはiPad Airシリーズよりも明らかに大容量のバッテリーを内蔵しており、Appleは充電時間も高速なる方法も調査しています。
関係筋によれば、大画面iPadのディスプレイは12.9インチであると主張しています。現行モデルではiPad Airシリーズの9.7インチが最大です。
これまでの噂では大型iPadは12.2から12.9インチの間で意見が分かれていました。



Appleは、12インチとされる新型Retina MacBook AirでUSB3.1 Type-Cポートを採用するといわれています。

Source:The Wall Street Journal via Mac Rumors, Bloomberg

Apple Store

Amazon.co.jp