こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

14インチMacBook Proが早ければ今年後半にも発売されるかも??

Appleは先日13インチMacBook Proの新モデルを発表したばかりですが、早ければ今年後半にもディスプレイを14インチにサイズアップした新モデルが発売されるかもしれません。

AppleInsiderは、Mini LEDやARMプロセッサに関する噂や情報を踏まえ、Appleは14インチあるいは正確には14.1インチのディスプレイを搭載した新しいMacBook Proを今後いつの日か発売する可能性が高く、さまざまな噂では2020年末から2021年初めの発売の可能性(特にアナリストMing-Chi Kuo氏は2021年春を主張)があると指摘しています。

というのも、Appleは昨年2019年5月に15インチMacBook Proの新モデルを発売し、そのわずか数か月後の2019年11月にディスプレイが16インチにアップした新モデルを発売したという最近の事例と同じパターンも考えられるため、現時点ではあくまで推測のレベルですが、どこか頭の片隅にでも置いておいてもいいかもしれません。


f:id:kobonemi:20200505204812j:plain
13インチMacBook Pro (2020)


Appleは、ARMプロセッサを搭載した14インチモデルを提供する一方で、13インチのIntelプロセッサを搭載したモデルも併売するということも十分ありえます。Macのプラットフォーム自体の刷新されたことで、2つの異なるモデルが同じようなサイズのディスプレイと同時に共存することも可能になったとAppleInsiderは指摘しています。


もちろん、これはあくまでも予測であり、ある意味で素直過ぎる予測であることは確かです。
Appleは当然のように自社製品の開発をコントロールしており、そのスケジュールもコントロールしています。特にARM Macのような画期的な製品については、Appleはいとも簡単に発売を先送りにすることもできるでしょう。特に新型コロナウイルスの影響が大きい現状ではなおさらです。

もちろん、これは既存の憶測や予測に基づいた教育的な推測に過ぎない。Appleは自社製品の開発をコントロールしているため、スケジュールもコントロールしています。特にARM Macのような画期的な製品については、Appleは非常に簡単にリリースを先送りにすることができます。