読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone8のOLEDモデルはカーブデザインに、新しいタッチセンサー技術も採用か

2017年発売の新型iPhone(iPhone 8)について、The Korea Herald(via Mac Rumors)からの新情報。

それによれば、iPhone8のOLEDバージョンは全てディスプレイがカーブしたデザインとなり、AppleがSamsung Displayに発注した(ガラス製ではなく)プラスチック製のOLED(有機ELディスプレイ)を用いる模様。
記事によれば、プラスチックOLEDはGalaxy S7 egdeのようなカーブしたパネルのために用いられ、ガラスOLEDは主にフラットパネルに使われます。

新型iPhoneは、LG DisplayがAppleやGoogleと開発しているともいわれている折りたたみ型パネルを用いそうにありませんが、新しいセンサー技術を採用するかもしれません。デバイスのタッチする場所を問わず応答するような技術のようですが、Appleがこの技術を本当に採用するかどうかはまだ未知数です

AppleがSamsungに発注しているOLEDのカーブパネルは7000万~1億枚ほどで、全iPhoneシリーズが年間に必要な枚数の半分以下にとどまっています。残りはLG DisplayとJDI(ジャパンディスプレイ)の供給するフラットタイプの液晶ディスプレイが用いられるようです。



iPhone8は、OLEDを採用したハイエンドバージョン(プレミアムバージョン)と従来と同じLCD(液晶)を採用したバージョンとが用意されるといわれています。

他にも、ワイヤレス充電、ガラス製筐体、ホームボタンの廃止、Touch IDとカメラの統合したベゼルレスディスプレイなども予想されています。


スポンサーリンク



新型iPhoneについては、iPhone 8カテゴリーにまとめてあります。

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp