読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

新型MacBook Pro(Touch Bar非搭載)のSSDは取り外し可能、OWCの分解で判明

MacBook Pro, Air

新型MacBook Pro(Late 2016)には3つのモデルがありますが、その中で、Touch Bar非搭載の13インチモデルをOWCが早速分解し、内蔵SSDが取り外し可能であることが判明しました。これを受けて、Mac RumorsはSSDが交換可能であり、購入後のアップグレードが潜在的に可能であると指摘しています。

OWCは分解して分かったこととして次のことを挙げています。

  • Solid State Driveモジュールは取り外し可能
  • 底面は全世代よりも取り外しが難しいが接着されてはいない
  • SSDを取り外すためにスピーカーモジュールを取り外す必要がある
  • SSDはインターフェースポートにテープでかなり強固に貼り付けられている
  • MacBook Proは電源ボタンを押さなくとも天板を開くと自動的に電源が入る

SSDが交換可能であれば、とりあえずSSD容量の小さなモデルを購入し、その後より大きな容量のSSDへ換装するなどユーザーが柔軟にアップグレード可能になる利点があります。ただし、そのインターフェースに対応するSSDが入手可能であることはもちろん、Appleの認めない本体分解や部品交換は保証対象外であることは当然気に留めておく必要があります。



注意点は、今回分解されたのがタッチバーを搭載しないエントリーモデルということです。

  • MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Thunderbolt 3ポートx 2)
  • MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Thunderbolt 3ポートx 4)
  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)

タッチバーを搭載する他のモデルでもSSDが取り外し可能かどうかは、これらのモデルが出荷される11月以降を待たなければなりません。

新型MacBook Proの関連記事

www.kobonemi.com

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp