こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

マスク着用時にApple WatchでiPhoneをロック解除する設定と使い方【更新】

iOS14.5とwatchOS 7.4で新たに利用可能になった、マスクを付けているときにApple WatchでiPhoneのロック解除を可能にする新機能。
デフォルトでは無効になっているので、試してみたい場合は、ユーザーが手動で有効にする必要があります。

ここでは、MacRumorsの紹介する方法を参照し、手順を確認してみたいと思います。

f:id:kobonemi:20210202082949p:plain
Face IDとマスク

必要なもの

  • Face IDを搭載したiPhone Xあるいはそれ以降のiPhone
  • Apple Watch Series3あるいはそれ以降のApple Watch
  • iOS 14.5
  • watchOS 7.4


iOS 14.5とwatchOS 7.4は現在パブリックベータが利用可能です。
パブリックベータは、Apple Beta Software Programに参加することで利用できるようになります。
Apple Beta Software Programに参加するには、無料のメンバー登録が必要です。
有効なApple IDを所有し、登録時にApple Beta Software Program契約に同意することで、だれでも参加できます。

設定方法

  1. iPhoneで「設定」を開く
  2. 「Face IDとパスコード」を開く
  3. パスコードを入力
  4. 「Unlock With Apple Watch」項目のトグルスイッチをタップしオンにする。もしこの項目がグレーアウトしている場合はwatchOSをアップデートする必要あり
f:id:kobonemi:20210205104106p:plain
iPhoneの設定:Apple Watchを使ってロック解除
f:id:kobonemi:20210205133525p:plain
iOS14.5:設定 > Face IDとパスコード > Apple Watchでロック解除


この設定を有効にすることで、Face IDがマスクを装着していることを検出した際にApple Watchを使ってiPhoneをロック解除ができるようになります。

以上で準備は完了です。
続いて、実際に使う方法です。

使い方

Apple Watchを使ってiPhoneのロックを解除するには、Apple Watchが近くにあり、手首に装着してあり、Apple Watchのロック解除がされており、パスコードによって保護されている必要があります。
Apple Watchのパスコードは、iPhoneのWatchアプリを開き、パスコードをオンにします。

f:id:kobonemi:20210205133700p:plain
Apple Watchを使ってiPhoneのロック解除した際のApple Watchの表示


初回のみiPhoneのパスコードの入力が必要です。その後はマスク装着時にロックを解除するときにはApple Watchから短い触覚と共にiPhoneのロックが解除されるようになります。
Apple Watchを手首から外すなどすると、再度パスコードの入力が必要です。

以上、マスク着用時にApple WatchでiPhoneをロック解除する設定と使い方でした。
この情報はベータ版ソフトウェアをもとにしています。
正式版では異なる可能性があります。

更新2月5日:写真の追加・更新

iOS14とiPadOS14に関する情報は「iOS 14」カテゴリーにまとめてあります。
iOSの便利な使い方は「iOS Tips」カテゴリーにまとめてあります。

Apple公式サイト
ドコモオンラインショップ
ソフトバンク
au Online Shop

ビックカメラ.comicon
Amazon.co.jp