こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

昨年より1か月早くiPhone13シリーズ向けOLEDパネルが生産開始 SamsungはiPhone13 Pro向けに120Hzディスプレイ製造

Appleは今年後半にも発売する見込みの「iPhone 13」シリーズについて。
Samsung DisplayおよびLG Displayが新型iPhone向けに有機EL(OLED)パネルの生産を開始したことをTHE ELECが報じています。

これは昨年のiPhone 12シリーズのときよりも1か月早いそうで、昨年は新型コロナウイルス感染症の影響による部品調達の問題により、iPhone12の発売は例年よりも遅れました。

f:id:kobonemi:20210326230802p:plain
新型iPhoneのイメージ


匿名の関係者によると、Samsung DisplayはiPhone 13に搭載する有機ELパネルの生産を今月中旬に開始しました。LG Displayは最近になって生産を開始したそうです。
2社は、Appleからの要請により昨年よりも早く生産を開始したと関係者は話しています。

Appleは昨年、iPhone 12の人気を早い段階で十分に活かすことができず、予想を上回る需要に対応するための初期在庫の確保が困難になっていました。
今年、OLEDパネルなどの部品を早めに確保することで、iPhone 13でも同じ状況を避けようとしている可能性が高いと関係者は話しています。

Samsung Displayは新型iPhone向けに8,000万枚の有機ELパネルの製造を、LG Displayは3,000万枚の製造を予定しています。

Samsungは、120Hzのリフレッシュレートに対応した低温多結晶酸化物(LTPO)薄膜トランジスタ(TFT)有機ELパネルの唯一のサプライヤーです。Appleは、最上位モデルの2機種にLTOP TFT OLEDを採用する予定です。
LG Displayは、下位2モデルに低温多結晶シリコン(LTPS)TFT OLEDパネルを供給する予定です。

Samsungは今年、iPhone 12シリーズやその他のレガシーモデルを含めて最大1億2,000万~1億3,000万個のOLEDパネルをAppleに供給すると見込んでいます。LGは最大で5,000万枚を見込んでいるそうです。
LGは昨年のiPhone 12では6.1インチの有機ELパネルしか供給していませんでしたが、新モデルでは5.4インチのパネルも製造することになるそうです。

f:id:kobonemi:20210121103826j:plain
iPhone 12シリーズ


iPhone 13シリーズは、ハイエンドモデルの120Hzディスプレイに加え、複数の情報が出ています。
現在までのところ、前面のノッチが小さくなり、全体的にやや厚みのあるデザインになるほか、リアカメラの出っ張りが大きくなるとされています。

Source:THE ELEC via MacRumors

新しいiPhoneやiPod touchの情報は新型iPhoneの噂カテゴリーにまとめてあります。
新しいiPadに関する情報は新型iPadの噂カテゴリーにまとめてあります。
新型Macを含むMac全般の情報はMacカテゴリーに、iMacの情報はiMacカテゴリーに、MacBook ProやMacBook Airの情報はMacBook Pro, Airカテゴリーにまとめてあります。
AirPodsの情報はAirPodsカテゴリーにまとめてあります。
iOS15とiPadOS15に関する情報はiOS 15カテゴリーに、iOS14とiPadOS14についてはiOS 14カテゴリーに、それぞれまとめてあります。

Apple公式サイト
ドコモオンラインショップ
ソフトバンク
au Online Shop
楽天モバイル
UQモバイル

ビックカメラ.comicon
Amazon.co.jp

ライフメディア(登録で最大2500円相当もらえる)
楽天Rebates(登録で最大2000円相当もらえる)
モッピー(登録で最大2000円相当もらえる)
ハピタス(登録で最大1000円相当もらえる)
ECナビ(登録で最大1000円相当もらえる)