こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

5G搭載iPhoneのうちmmWave対応モデルは2020年12月~21年1月に遅れも:アナリスト

Appleは2つの5G対応iPhone(いわゆるiPhone 12)を発売する見込みですが、そのうちの1つであるsub-6GHz(サブ6GHz)対応モデルはスケジュール通り2020年9月に発売されるものの、もう1つのmmWave(ミリ波)対応モデルは2020年12月あるいは2021年1月まで遅れる見込みであることをSusquehannaのアナリストMehdi Hosseini氏がサプライチェーンの調査に基づいて予測しています。
StreetInsiderの報道によれば、遅れの原因はアンテナインパッケージ(AiP)モジュールをサードパーティから購入する代わりに自社生産するというAppleの決定によるものだそうです。
また、Hosseini氏は5G対応のiPhoneの1つにLCDが搭載されると予想しています。



写真は新しいiPhoneのイメージ。


mmWaveは最速の5Gであり、新しいスペクトルを使用して1Gbpsを超える理論的なダウンロード速度を提供します。Sub-6GHzはmmWaveよりも低速ですが、それでも4G LTEよりも高速で、mmWaveよりも広範囲であり、都市部以外でも利用できる利点があります。

TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は先月、4つのハイエンドiPhoneが2020年後半に発売されると予測していました。この4つのモデルにはSub-6Gのみ搭載モデル、Sub-6GおよびmmWave搭載モデルがあります。
Kuo氏によれば、mmWaveを搭載したiPhoneモデルは、米国、カナダ、日本、韓国、英国を含む5つの市場で利用可能であり、5Gサービスを提供していない市場や5Gサービスの普及していない市場では、生産コストを削減するためSub-6Gを無効にする可能性もあります。

via MacRumors

新しいiPhoneやiPod touchの情報は新型iPhoneの噂カテゴリーにまとめてあります。
新しいiPadに関する情報は新型iPadの噂カテゴリーにまとめてあります。