読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

KGI:iPhone8に最悪のシナリオ 厳しい供給不足に直面の可能性

「iPhone 8」の生産はスケジュール通りに進んでいるという情報が先日ありましたが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、その最新レポートで新モデルの生産と出荷に「最悪のシナリオ」が浮上する可能性があることを警告し、iPhoneの出荷台数予測を当初よりも引き下げています。

Kuo氏は以前の主張を繰り返し、iPhone8生産のランプアップは10~11月頃まで遅れる可能性を示唆します。例年の増産時期は8~9月であり、それよりも大きく遅れるというわけです。



写真はiPhone8のイメージ


大量生産が間に合わない結果生じるのが新型iPhoneの「厳しい供給不足」状態です。昨年のiPhone7を見ても、毎年iPhoneの新モデルが供給不足に悩まされます(たとえば私は昨年iPhone7 Plusのジェットブラックモデルを予約開始当日に注文し1か月以上待つことになりました)。Kuo氏の予測通りになれば、今年の新型iPhoneの供給不足は過去最悪にさえなりかねません。
Kuo氏は、Appleが例年通り9月に新型iPhoneを発表すると考えています。しかし、その発表から数か月の間ユーザーは購入するのが非常に困難になる可能性が高いと指摘しています。


スポンサーリンク


誕生10周年を迎えるiPhoneの新モデルについて連日のように噂や情報が出ていますが、その出来によって需要がiPhone8に集中するかどうかは定かではないこともKuo氏は注意しています。

Kuo氏は投資家らに向けて次のことに注意しておくよう忠告しています。すなわち、OLED iPhoneに搭載されると噂の3Dセンサーが革新的なユーザー体験をもたらすかどうか、Touch ID指紋センサーをキャンセルするかどうか、Appleの競合他社が新型iPhoneに対抗可能なより革新的な製品を送り出すことができるかどうか、の3点です。
特に2点目のTouch IDについては、ディスプレイ内に統合する、背面に移行する、顔認証など別の認証システムを採用する、などの可能性がこれまでのところ予想されており、それらを裏付ける図面やレンダリングイメージなども出回っています。



写真は画面内に統合されたTouch IDを搭載したiPhoneのレンダーモデル

Source:9to5Mac, Mac Rumors

新型iPhoneについては、iPhone 8カテゴリーにまとめてあります。

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp