読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

KGI:来年のiPhoneは5.8インチ曲面AMOLEDと曲面ガラスボディ、iPhone7のデザインはあまり変わらず?

iPhone 7 iPhone 7s

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によれば、Appleは2017年にiPhoneの大幅な刷新を計画しています。5.8インチのカーブしたAMOLEDディスプレイやまったく新しいカーブしたガラス筐体などを採用するといいます。

Appleは金属製ボディが目新しくなくなったと判断したようで、iPhoneの2017年モデルではiPhone 4s/4で採用していたガラスを用いた背面のデザインを再び復活させようと考えているようです。全面と背面がガラスでデザインされ、その間に金属製フレームを挟んだようなそんなデザインであるとの見方です。Appleは金属、プラスチック、そしてセラミックも素材の候補としているようですが、最終的にはガラスを選びそうです。もちろん以前使った素材とデザインをそのままにというわけではなく、まったく新しいデザインを採用してくるはずです。



写真はiPhone 4s(中央)


曲面ディスプレイ、曲面ガラスボディ、5.8インチAMOLED、ワイヤレス充電、顔認証や目の虹彩認証などの特徴が主張されています。曲面により現行の5.5インチモデルよりも小さく見えるかもしれません。また、より快適で持ちやすくなるとの見方です。

もしAMOLEDディスプレイの生産が十分であれば5.5インチモデルの代わりに5.8インチモデルが加わるでしょう。もし順調でなければ、Appleは現行と同じLCDで4.7インチと5.5インチモデルを、そして第3のオプションとして5.8インチAMOLEDモデルを用意してくるとKuo氏は予測しています。


スポンサーリンク


ここで予想されているのは、今年出るであろうiPhone7が思ったほどデザインを変更をせず、その次のモデルで大きく変わるという予測に関連しています。Appleは2年ごとにiPhoneに新しいデザインを与えてきましたが、その戦略に変化が訪れるのでしょうか。

Source:Mac Rumors, 9to5Mac

Apple Store

Amazon.co.jp