読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone5/5c、iPad4のサポート終了?iOS10.3.2ベータ版用意されず

パブリックベータプログラムに参加しているiPhone5をiOS10.3.2 Beta1にアップデートしようとしたところ、ソフトウェアアップデートが降りてきませんでした。同じくパブリックベータ登録中のiPad mini2では問題ありません。
もしやと思い調べてみると、どうやら32bitのiOSデバイスにはiOS10.3.2が用意されていないようです。少なくともBeta1はありません。パブリックベータを始めてだいぶ経過していますがこのようなことは一度もありませんでした。AppleこれまでiOSの大型アップデート(iOS10やiOS9など)の段階でサポート対象を改めてきましたが、このようにマイナーアップデートの段階で改めたことはおそらくないはずです。

そんなわけで、AppleはiOS10.3を32bitデバイスの最終バージョンとし、それ以降のバージョンではサポート対象外とするのではないかと予想されています。

32bitのiOSデバイスとは、具体的には、iPhone 5/5c、iPad4です。いずれもA6系チップを搭載しています。


The Apple PostにあるiOS10.3.2 betaのリストアイメージ(復元イメージ)一覧のスクリーンショットを見ると、IPSWファイルが用意されているのはiPhone7/7 Plus、iPhone SE/5s、iPhone 6s/6、iPhone 6s/6 Plus、iPad(9.7inch)、iPad Proなどで、すべて64bitデバイスです。
64bitデバイスは、2013年に発売されたA7チップ搭載のiPhone 5sから現在まで続いています。



iOS10.3では、32btアプリの警告表示が新しくなり、32bitアプリは「将来のiOSのバージョンでは動かない可能性があります」と警告が表示されるようになりました。そして、新たに「App互換性」という項目が追加されました。

今後、beta2、beta3と続いていく中でもしかすると32bit向けのソフトウェアアップデートもあるかもしれません。そのときはまたお伝えします。

via AppleInsider