読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

新型12インチRetina MacBook Airの驚愕の詳細と3Dレンダー

MacBook Pro, Air

Apple社内のプロトタイプを使用したという内部情報源をもとに、新型MacBook Air 12インチモデルの詳細を9to5Macが伝えています。
興味深いのは、その情報に基づくであろう3Dレンダリングイメージを使い詳述していることです。

12インチMacBook Air(写真中央)は、現行13インチ(同右)よりもはるかに小さく、11インチ(左)さえよりも幅が狭くなります。
新型12インチは、11インチよりも約4分の1インチ幅が狭く、ディスプレイ自体はわずかに大きく(11.6インチに対して12インチ)なることで4分の1インチ背が高くなります。
現行11インチのフットプリントに更に大きなディスプレイを搭載させるために、ベゼルはかなり薄くなります。

ディスプレイの正面のデザイン、ユニボディ全体、トラックパッドからキーボード、スピーカーなどまで、そのすべては新しく設計されます。
キーボードの左右は端のギリギリまで配置されるEdge-to-Edgeデザインを採用します。

キーボードは、個々のキーの間を僅かに狭くし、全体はよりコンパクトに再配置されます。
トラックパッドは、幅は11インチと同程度ですが、縦方向に大きくなり、キーボードの端からボディの端まで覆われます。
キーボードの上部にはファンレスの本体を冷却する通気口が実質2倍になり、4つの新設計されたスピーカーグリルがあります。

側面は、11インチよりもはるかに薄くなります。ヒンジ部分から手前にかけて徐々に薄くなる現行に近いデザインですが、その薄さからApple社内で「MacBook ステルス」と呼ばれるほど薄くなります。

搭載されるポート類は、これまでで最も少なくなるようです。
側面左側にはヘッドフォンジャック(入力およびノイズキャンセリング対応)とデュアルマイクがあります。右側にはUSB Type-Cポートが配置されます。

Appleは、どうやら、標準的なUSBポート、SDカードスロット、Thunderbolt、MagSafeさえも搭載しない予定のようです。しかしながら、これはプロトタイプの1つに基づいており、Appleが最終的には従来のレガシーコンポーネントを含む新モデルを発売するかもしれません。

リバーシブル型のUSB Type-Cは、現行USBよりも小さく、転送速度も高速になります。また、ディスプレイを接続することも可能で、Thunderboltの代わりにもなるはずです。
同様に、USB Type-Cはコンピュータ本体の電源としても利用できるため、MagSafeプラグは実質的には不要になります。

上の写真で示されたように、iPadやiPhoneのルバーとスペースグレイといった本体カラーも選択できるようになるかもしれません。

12インチMacBook Airに関する最近の記事

Source:9to5Mac

Apple Store