読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone8はディスプレイ割れ修理が困難になる懸念

なるほど、この種の懸念はもっともだと感じた話題。

iPhone 8で噂されているホームボタンの画面内統合。もしそれが実現されれば、画面割れの修理がApple以外できなくなるのではという懸念。



分解レポートで有名なiFixitのKyle Wiens CEOの話をギズモード・ジャパンが紹介しています。

これまでであれば、ディスプレイが割れてもTouch ID内蔵のホームボタンを再利用できれば、Apple以外でも修理可能でした。しかし、Touch IDの暗号化認証機能がディスプレイ内部に統合されてしまうと、Apple以外の修理業者は修理することができなくなってしまうかもしれません。
そうなれば、現在のように近くのiPhone修理屋さんで画面割れの修理や画面交換を頼むことができなくなる可能性があります。
Appleしか修理できなくなれば、Appleの定める修理費用を払ってお願いするしかなくなります。Apple以外の業者であればもっと安かったのに、というような思いをするかもしれません。Apple Storeが近くにないユーザーは配送修理などを使わなければならず修理完了まで時間がかかる場合もあるでしょうし、Touch ID統合で修理費用も割高になるかもしれず、いろいろ面倒なことになりそうです。

新型iPhoneについては、iPhone 8カテゴリーにまとめてあります。