読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

KGI:iPhone8の本体サイズや画面サイズはこんな感じ

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏による、2017年の新型iPhoneラインアップおよびOLED(有機EL)搭載iPhoneのフォームファクターについて。
Kuo氏の予測によれば、下の図のようになります。

まず、新型iPhoneのラインナップは、4.7インチと5.5インチのTFT-LCD搭載モデル、そして、5.15インチのOLED搭載モデルの3つのサイズがあります。「iPhone 8」や「iPhone X」と呼ばれているのが後者です。



2つのLCD搭載モデルは現行のiPhone7/7 Plusに近い設計となる一方で、OLED搭載モデル(下図中央)は全く新しいフォームファクターとなります。



その詳細として、

  • 本体サイズは、4.7インチモデルに近い
  • 実際の画面サイズは5.8インチ(2800×1242ピクセル)で、前面をほぼ覆う
  • その画面下部をファンクションエリアとして利用、物理的ホームボタン廃止
  • ファンクションエリアを除いた画面サイズは5.15インチ(2436×1125ピクセル)

となります。



OLED搭載iPhoneは、ディスプレイがほぼ前面すべてを覆うようになり、Touch IDを含むホームボタンの機能が画面内に収まります。画面内の下方に収まるファンクションエリアがそれで、現在まで長らく続いた物理的なホームボタンは廃止されます。
OLED搭載モデルは、LCD搭載の4.7インチモデルと本体寸法が近く、片手操作も可能なサイズとなります。
4.7インチモデルとほぼ同サイズで画面サイズは5.8インチに大型化、ホームボタン機能部分を除いた実際の画面サイズは5.15インチとなります。

Kuo氏は、OLED iPhoneが3つのラインナップで唯一のブライトスポットしており、他の2モデル(4.7インチおよび5.5インチ)は現行のマイナーバージョンアップとなると考えられています。


OLEDモデルは、表面だけの刷新に留まりません
Kuo氏の予想によれば、ロジックボードの小型化とバッテリーの大容量化も実現し4.7インチサイズに5.5インチモデルに近いバッテリー容量を獲得します。そこから飛躍的なバッテリー駆動時間を得られるでしょう。

www.kobonemi.com

Source:Mac Rumors, 9to5Mac

新型iPhoneについては、iPhone 8カテゴリーにまとめてあります。

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp