読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Apple、iOSアップデートでiPhone 6sのバッテリー問題の診断機能を追加へ

iPhone 6s

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」について、Appleは来週リリース予定のiOSソフトウェアアップデートで本問題を診断する機能を追加することをサポートページで明らかにしました。

Appleの調査によれば、本問題は2015年9月および10月に製造されたiPhone 6sのわずかな台数で発見されており、バッテリーパックに組み込まれる前に調整された周囲の空気に長くさらされたバッテリーコンポーネントが原因とのこと。
今後、診断機能によって情報収集しバッテリー性能やシャットダウンを管理するためのアルゴリズムを改善し将来のソフトウェアアップデートで提供する予定としています。



家族のiPhone 6sも見事に本問題の対象となっていました。購入したのは2016年1月頃でした。
Appleの説明では「2015 年 9 月から 10 月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6s」ですが、販売された期間はそれ以降になるはずで、私の家族のように今年購入した分も該当したのだと思います。

iPhone 6sをお持ちの方は、購入時期に関わらず念のため確認しておいた方がいいと思います。


Apple製品の交換/リペアエクステンションプログラムは、Apple サポート 公式サイトのページ下部で確認できます。

via Mac Rumors