読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iOS8の新機能Instant Hotspotの使い方〜iPhone、iPad、Macでテザリング(インターネット共有)が素早く簡単に

iPhone 6/iPhone 6 Plus MacBook Pro, Air iMac iPad mini iPad mini2 iPad 3 iPad 4 iPad Air iPad iPod iPhone iPhone 5 iPhone 5C iPhone 5S

「iOS 8」ではテザリングをこれまでよりも簡単に行えるようになりました。
iOS8の新機能の1つ「Instant Hotspot」(インスタント・ホットスポット)を利用し、MacやiPadなどiOSデバイスから素早くiPhoneの「インターネット共有」を利用できます。

「Instant Hotspot」は、同じApple IDでiCloudにログインしているデバイス同士で利用できます。
その際、これまでのようにiPhone側の「インターネット共有」を使いますが、それをあらかじめONにしておく必要はありません。また、パスワードも不要です。なお、接続先(iPhone)と接続元(iPadなど)はBluetoothを有効にしておく必要があります。
下のスクリーンショットは「iPhone 6 Plus」の設定画面。「インターネット共有」をOFFにしてあります。

その状態でiPadのWi-Fi画面を見ると、「インターネット共有」という項目に「iPhone 6 Plus」が表示されていることを確認できます。
ここでは接続先のiOSデバイスの状態、電波状態(アンテナピクト)、通信回線の種類(LTEなど)、バッテリー残量も表示されます。

あとは接続したいiOSデバイスを選択すれば、パスワードの入力も求められずに、すぐにインターネット共有を行うことができます。テザリング開始後iPhoneの、「インターネット共有」は自動的にオンになり、iPadで接続を終えると自動的にオフになります。
iOS7までは、接続先のiPhoneの「インターネット共有」を最初に有効にしておき、その後、iPadから接続先を見つけパスワードを入力しテザリングをするという流れとなっていました。パスワードは初回のみ入力すればあとは保存しておくこともできますが、最初に接続先の「インターネット共有」をオンにしておくのが面倒でした。
「Instant Hotspot」を使えば、iPhoneはバッグに入れたままで、MacやiPadだけを机においてすぐにテザリングを開始することができるようになります。外出先などで、これまでよりもずっと簡単に素早くインターネットを利用できます。
パスワード不要でつながるのは不安と思うかもしれませんが、同じApple ID同士でしか「Instant Hotspot」は機能しないため他のiPadやiPhoneから接続されることはありません。
iOS8では、ドコモMVNO SIM(格安SIM)でもテザリングを利用できるようになりました。また、iPhone6やiPhone6 Plusは従来よりも大きなバッテリーを内蔵しています。テザリングはバッテリー消費が大きくなりますが、バッテリー駆動時間に余裕のあるiPhone6であれば旧モデルよりも安心してテザリングが利用できるのではないでしょうか。
iPhone6に関する記事は[iPhone 6/iPhone 6 Plus]カテゴリにまとめてあります。
Twitter「@kobonemi」でも最新情報を即時ツイートしています。
iOS8と格安SIMについて

iPhone 6・6 Plusの通信について

iPhone 6・6 Plusの本体価格と料金について

iPhone 6・6 Plusの容量について

最適な保護ケースや保護フィルムの見つけ方

Apple Online Store
Apple Online Store iPhoneストア
Amazon.co.jp
Amazon iPhoneストア