読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

スミソニアン博物館、日本などアジア部門の全美術作品がデジタル化 非商用で無料ダウンロードや加工も可能

その他

米国スミソニアン博物館は、アジア部門フリーア&サックラー・ギャラリー(Freer and Sackler Galleries)の収蔵作品のすべてをデジタル化したことを1月1日(現地時間)に発表しました。

4万点以上の日本、中国、インド、中東などの古美術品の写真を自由に閲覧でき、非商業利用に限り高解像度イメージをダウンロードしたり、加工や共有することも可能です。

俵屋宗達、葛飾北斎、歌川国芳、伊藤若冲など有名な絵師の作品も数多く見つけることができます。


Search | Collections | Freer and Sackler Galleries

膨大なイメージは、デスクトップの壁紙や家族や友人のための芸術的なプレゼントとして非商用目的で利用できます。


Katsushika Hokusai Fugaku Sanjurokkei-Tokaido Hodogaya(葛飾北斎 富嶽三十六景)

トップページでは、作品名や作家名などを直接検索したり、美術品のタイプ、トピック、名称、場所、日付などから絞り込むことも可能です。

たとえば、日本の作品は12115点あります。桃山・江戸・明治・大正・昭和などの各時代、浮世絵、掛物、歌舞伎などトピックから該当する作品を探すことも可能です。


伊藤若冲の作品

Source:Smithsonian Museum Official Blog via The Verge