読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone6/6 Plus用Apple純正シリコンケース・レビュー~持ちやすさや装着感、ゴミの付きやすさなど

iPhone 6/iPhone 6 Plus

iPhone 6/6 Plus用保護ケース、Apple純正シリコンケースを購入しました。
外観、装着感、持ちやすさ、ゴミの付きやすさなどを中心にレビューします。
iPhone 6 Plus Apple純正シリコンケース レビュー
今回手に入れたのはiPhone6 Plus向けのApple純正シリコンケースです。大きさ以外はiPhone6も同様です。
カラーはレッド (PRODUCT)REDです。その他、次のカラーがあります。

シリコンケースiPhone 6iPhone 6 Plus
ブラック、ホワイト、ピンク、ブルー、グリーン、レッド (PRODUCT)RED
レザーケースiPhone 6iPhone 6 Plus
ブラック、ブルー、レッド (PRODUCT)RED、オリーブブラウン、ソフトピンク

今回、Apple Online Storeで注文し、7日後に届きました。注文時は出荷予定3~4週となっていましたが、思ったりよりも早く入手できました。
その辺りを記事にしているのでご覧ください。

最初に、要点だけを述べておきます。

iPhone 6/6 Plus用Apple純正シリコンケースの要約

外観・デザイン~さすが純正保護ケース

素材はiPad向けスマートカバーなどと同じであり、完成度も高く仕上げも良いです。

大きさ・厚み~最薄ではないけれど及第点

ケースを装着して、iPhoneが大きくならないわけはありません。
大きさの印象は、持ちやすさなどで変わるかと思います。後述のように、持ちやすさは良好であり、厚みや大きさは個人的にはそれほど感じません。

ディティール~カメラも液晶もしっかりカバー

カメラホールは、出っ張った背面カメラを完全にカバーします。
ケースの縁はiPhone本体よりも背が高く、液晶面を下にして机においても液晶面は触れません。

装着感~ぴったりフィット

当たり前かもしれませんが、iPhoneに寸分たがわずフィットします。
ずれたり、外れたりすることなさそうです。経年劣化で伸びる可能性もありますが、頻繁に取り付け・取り外ししなければそれほど心配ないかと個人的には思います。

持ちやすさ~指に吸いつく感じ

シリコン製ゆえか、手に持って馴染みます。
プラスチックなどスベスベした素材のケースよりも手から滑り落ちることはないかと思います。

ゴミやホコリの付きやすさ~結構付きます

ずばり付きます。
素材表面が吸いつく感じもあり、余計に付きやすいのかも。
完全にゴミ等を取り除くにはセロテープなどでペタペタと吸着すれば良さそうです。

スポンサーリンク

続いて、iPhone6 Plus向けのApple純正シリコンケースの詳細を見ていきます。

なお、iPhoneには以前レビューしたラスタバナナの保護フィルムを装着してあります。

デザインと外観・内側


背面のAppleロゴのモールドは控え目ながらクッキリとしています。
外観上のアクセントは、このAppleマークだけです。デザインとしてはかなりシンプルです。
色味は、iPad用スマートカバーと同じ、鮮やか過ぎないマットな色調です。

iPhone 6 Plus Apple純正シリコンケース レビュー
内側は別パーツで滑り止めシートが貼り付けられています。これもiPad用スマートカバーと同じ構成です。


ボタン類ではミュートスイッチの穴が開けられています。カメラ穴には黒いプラスチックパーツが装着されています。Appleのケース要件にあるように、この黒いパーツはカメラフラッシュを設計通り光らせるために装着されています。


下部側面は、大きく開かれています。スピーカー、Lightningポート、イヤフォンジャックが使いやすい半面、保護性能は落ちます。

装着後の様子


フィット感も良く、iPhone自体にも違和感なく溶け込みます。
シリコン製ケースとしては正直価格も高いですが、満足度は高いです。


厚みは確かに増します。ケースを装着するのでそれは避けられません。
iPhone本体にピッタリと適合しているので、ぶかぶかしたりすることもないです。


背面カメラ部分のアップ。
iPhone6の突起したiSightカメラをしっかりとカバーします。
写真の通り、カメラよりも更に高い位置にケースがあります。カメラをぶつけてしまう心配はこれでなくなるでしょう。


下部側面のアップ。
iPhone 5s用純正保護ケースは、イヤフォンジャック、Lightning、スピーカー部分がそれぞれ個別の穴が開けられていました。デザインと保護性能からはその方が良いです。
一方、プラグの大きなヘッドフォンやイヤフォンを使う上では、こちらの方が良いです。また、サードパーティ製Lightningコネクタの中には大きめのの製品もあり、その場合も有利です。

まとめ~iPhone 6 Plus Apple純正シリコンケース


ホコリの付きやすさを除けば、概ね満足です。
基本的には誰にでもおすすめできるiPhone6/6 Plus用保護ケースだと思います。
表面加工もあってか、普通のシリコン製ケースよりも高級感があります。
同じく純正のレザーケースではなく、シリコンケースを選んだのは、価格の違いと手に持ったときの滑りにくさが主な理由です。
レザーケースを実際に手に取ったとき、シリコンよりも表面が滑らかであり、シリコンケースよりも滑りやすいかなと感じました。
純正シリコンケースは、手に吸いつくほどではないものの、表面に十分な摩擦感があり、すぐに手から滑り落ちる感じではないかと思います。こればかりは実際に使い続けてみないと何ともいえません。今後、一定期間使用してみて感想を追記したいと思います。

レザーケースのハンズオン・レビューは次の記事をご覧ください。

iPhone6に関する記事は[iPhone 6/iPhone 6 Plus]カテゴリにまとめてあります。
Twitter「@kobonemi」でも最新情報を即時ツイートしています。
iPhone 6・6 Plusの本体価格と料金について

iPhone 6・6 Plusの容量について

最適な保護ケースや保護フィルムの見つけ方

Apple Online Store
Apple Online Store iPhoneストア

Amazon.co.jp

iPhone 6 液晶保護フィルム

iPhone 6 ケース・カバー

iPhone 6 Plus 液晶保護フィルム

iPhone 6 Plus ケース・カバー