読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

KGI:2017年の新型iPhone8、プレミアムモデルは全面ガラス+ステンレスフレーム採用でデザイン大幅刷新

iPhone 8 iPhone 7s

来年発売されるiPhoneの新モデルについて、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏の最新レポート。

2017年の新型iPhone(先日の情報ではiPhone8といわれている)のデザインの鍵はiPhone7のジェットブラックのような艶ありの仕上げにありそうです。

Kuo氏によれば、ジェットブラックのような艶あり仕上げはボディに金属素材を採用したために低い歩留まりを引き起こし供給不足を招きましたが、高い生産性と高い歩留まりがあれば製品の供給不足から救います。そして、スリキズに対する耐久性は多くのユーザーに満足度に貢献します。そんなわけで、金属の代わりにガラス製ボディを採用することが唯一の選択肢になるとKuo氏は主張しています。今年、艶ありはジェットブラック1色だけであり最も人気のあるカラーとなりましたが、来年の新モデルはすべてが今年のジェットブラックのようにツヤツヤのボディとなることさえ可能です。



また、Kuo氏は2017年のiPhoneがすべてを覆う3Dデザインを採用するよりもiPhone 6sのような2.5Dのカバーガラスを採用すると考えているようです。大量生産性と落下テストの耐久性による理由からです。

Kuo氏は以前カーブしたOLEDディスプレイを5.8インチのiPhoneの新モデルで採用すると主張しました。これは新たなハイエンドモデル(あるいはプレミアムモデル)です。一方、他のモデルでは従来通りLCDディスプレイを採用し4.7インチと5.5インチサイズとなるといいます。

加えて、Kuo氏は新しいガラス製ボディは金属製のフレームで補強されるといいます。モデルによって金属素材が異なる可能性があり、ハイエンドモデルではステンレス製、その他はアルミニウム製のフレームを採用すると予想されています。現在の技術では筐体すべてをガラスで覆うことは困難であり、金属によるフレームをデザインに取り入れると考えられています。

5.8インチというディスプレイサイズは、iPhoneの本体サイズを大きくするということよりも、ディスプレイ周りのベゼルを狭くし、その分画面サイズを大きくすることを示唆しています。


これまでに出ているiPhone8の噂や予測を簡単にまとめておくと、

  • 2017年モデルは「iPhone 7s」ではなく「iPhone 8」
  • 全面ガラス素材を採用した、全く新しいデザイン
  • iPhone8は曲面ガラス(3Dガラス)採用?あるいは2.5Dに留まるかも
  • 筐体もガラス製(あるいはセラミックなどの混合の情報も)
  • 前面+背面がガラスで側面が金属フレームというデザイン
  • OLED(有機EL)ディスプレイでベゼルフリー
  • 非金属製ボディ採用でアンテナラインはなくなる
  • ワイヤレス充電
  • 物理的なホームボタン廃止(全面ディスプレイにより)
  • 全面ディスプレイによりガメラも覆われる
  • 全く新しい操作方法(モーター内蔵で画面全体を振動させるような)の導入

iPhone8の話題は、「iPhone 8」や「iPhone 7s」カテゴリーにまとめてあります。

Source:Mac Rumors, 9to5Mac

Apple Store

Amazon.co.jp