読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

サードパーティ製保護ケースから見るiPhone7 Plusの特徴

iPhone 7

新型iPhoneの発売と同時にアクセサリーメーカーは専用アクセサリーを用意する必要があるわけですが、その設計は当然iPhoneの発売前にすでに始まっており、今回の写真もそうしたアクセサリーの1つです。

ここにあるのは実物の写真ではなくどうやらレンダーイメージのようです。
写真のiPhone7 Plusの保護ケースは、デュアルレンズカメラやSmart Connectorのためのスペースを含みます。2つのレンズはお互い離れているように見えます。カメラフラッシュや背面マイクも水平方向に並んでいます。3.5㎜イヤフォンジャックはありません。スピーカーグリルは1か所だけのようです。



Smart Connectorは、iPhone向けのキーボードが用意されることを匂わせます。バッテリーを内蔵した保護ケースで使われるのかもしれません。現在Apple純正のmart Battery Caseは4.7インチモデル向けで5.5インチモデルはありません。あるいはドッキングステーションやワイヤレス充電など周辺機器が用意されるのかもしれません。

AppleはiPhone7 PlusにSmart Connectorを搭載すべく進めていたようですが、最終的にそれをやめたというレポートがいくつかありました。もしかするとこの保護ケースは古い情報を基にしているのかもしれません。


カメラやコネクタを除けば、ほとんどiPhone 6s/6と同じように見えます。
新モデルに買い替えしても、それに気づくのは購入した本人だけかもしれません。


スポンサーリンク


現在までのiPhone7の噂には次のようなものがあります。

  • Apple A10プロセッサ
  • 3GB RAM(Plusのみ?)
  • 32GB、128GB、256GBストレージ
  • 防水・防塵
  • アンテナライン(Dライン)の変更
  • デュアルカメラ
  • レーザーAF
  • 3.5㎜ヘッドフォンジャックの廃止
  • サイズは現行6sシリーズに近い
  • 新設計Touch ID(感圧タッチパッドのように押したような感覚のある)
  • ステレオスピーカー
  • Smart Connector

もちろん噂や憶測を含むため実現可能性が低いものがあります。

新型iPhoneに関するこれまでの情報は「iPhone 7」カテゴリーにまとめてあります。

Source:9to5Mac

Apple Store

Amazon.co.jp