読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone 6sが酸化・腐食の報告

iPhone 6s

「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」のボディ表面が酸化し腐食したという報告。

iPhone6シリーズが曲がってしまう「ベンドゲート」問題になぞらえて「酸化ゲート」問題としてMyDriversの記事を小龍茶館CoRRiENTE.topなどが紹介しています。

  • 筐体の表面が酸化した模様
  • 至る所にコーティングの剥がれやキズ
  • カメラ周囲やLightningポート付近、ボディの平らな面でも確認
  • Apple公式サポートに問い合わせたところ、この種の品質問題は現時点対応や解決できないとの回答
  • iPhone 6sシリーズで採用された7000シリーズアルミ合金に問題か
  • 7000番は硬度や耐摩耗性には優れるが、亜鉛含有量が多く抗酸化性能はアルミ材で最も劣る模様
  • 7000番アルミ合金はiPhone6の6000番よりも耐腐食性能では劣る
  • 湿気によって腐食が進行する懸念
  • Appleはその欠点を踏まえて抗酸化被膜工程を追加したはず
  • 抗酸化被膜工程が不完全な一部ロットのみの問題か、あるいはより広範囲か

 


湿気が多い、あるいは水で濡れやすいなどiPhoneを使用している環境によって、こうした現象が起きやすいのだと思われます。また、この種の報告が一部に留まっていることのであれば、それらiPhoneを製造した一部の生産ロット固有の問題なのかもしれません。



Apple公式サポートが対応や解決できないと回答している点については、iPhone 6sシリーズが発売からすでに8か月が経過していることが指摘されています。購入者はiPhoneと一緒にすでに相当な期間を過ごしているわけで、問題の発端はユーザー側にあるかもしれず、Appleとしては今更対応したくないというのが本音なのかもしれません。



もし本体表面処理に問題があるとすれば、Appleは修理や交換も視野に入れる必要があるでしょう。
ユーザーの取れる防御策としては、iPhone自体を湿気のある場所で使ったり放置しなりしない、水気をすぐにふき取り乾燥させる、ケースなどで保護する、などでしょうか。

Apple Store

Amazon.co.jp