読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Apple Watchは予約販売のみで予約なしでは購入不可、店頭試用にも制約~Apple内部文書から

Apple Watch

Apple Watchの店頭販売は少なくとも発売当初は予約者のみに限られ、Walk-In(予約なしの)販売はないという情報をMac Rumorsや9to5Macが伝えています。

Apple Watchは4月10日に事前予約が開始され、4月24日に発売されます。

Mac RumorsはAppleの内部文書から、9to5Macは関係筋の話として伝えています。
Walk-Inとは予約せずに直接店頭を訪れた顧客を指すと思われます。

また、高価なApple Watch Edition以外では、それをApple Store店頭で試す際にいくつかの制約あるようです。

Appleのトレーニングドキュメントによれば、AppleはApple Watchのローンチの際、予約なしの販売をしない意向です。その代わりに、顧客はオンラインで「製品予約(Product Reservation)」をする必要があります。
この予約システムはApple Watchのための「パーソナルピックアップ(Personal Pickup)」システムとして利用できるようです。

トレーニング文書では、顧客が店内に入り、Watchを購入したいなら、「try-on」オプションを提供するように、とあります。そして、顧客がオンラインあるいはApple Store Appで注文することをお手伝いするように、と続きます。
「try-on」とは、Apple Watchを試す、試着するということでしょう。
4月10日に事前予約が始まり、2週間後の発売日までに、顧客はApple Watchを試し購入するかどうかを決めるために予約をすることができます。

同様に9to5Macは、少なくとも米国において、Apple Watchを購入するなら予約をする必要があるとしています。
Apple Storeの関係者によれば、Walk-Inの在庫がないように発売初日は振る舞うよう言われているようです。

スポンサーリンク

Apple Watchには3つ素材と2つのサイズのアロイ(アルミ、ステンレス、18K)とさまざまな素材やデザイン、カラー、サイズのリストバンドがあります。

「try-on」は、Apple Watch Sportとステンレスモデルを15分(5~15分とも)だけ試すことができるとされています。なお、18KのEditonモデルについてはこの限りでなく、200万円以上のモデルも用意されるApple Watch Editionはその販売も特別なようです。

試用のために設けられたテーブルには、10種類の特定の組み合わせが用意されます。しかし、試着の際、限られた時間の制約から本体とバンドを交換できないようです。

モデルの種類の多さもあり、Apple Watchの発売の段階で在庫数は非常に限られていると考えられます。
AppleはApple Watchの在庫が少ないと予測しているようで、この「try-on」アプローチも特定のApple Watchを購入するための予約ではないと文書では指摘されているようです。

最終的には、直接店頭に訪れたユーザーにも販売することになると思われますが、販売開始の段階ではそれはなさそうです。

これらは米国の事情です。日本では東京・新宿区にある伊勢丹 新宿本店にApple Watchストアが設置され、4月10日にオープンします。www.kobonemi.com

新宿は銀座や日本橋、渋谷などと並ぶ日本有数の繁華街であり、伊勢丹新宿本店は新宿地区で最も人気のある百貨店です。
とりわけApple Watch Editionを販売するには最適な場所とAppleは考えたのでしょう。

Source:Mac Rumors 1, Mac Rumors 2, 9to5Mac

Apple Store

ヨドバシ.com
ビックカメラ.comicon
ソフマップ・ドット・コムicon
ヤマダ電機

Amazon.co.jp