こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

来年登場のM3チップとA17チップ、TSMCの第2世代3nmプロセスを採用へ:Nikkei Asia

Appleは来年、TSMCの最新チップ製造技術を採用する最初の企業になることを目指しており、iPhone15と新型Macで採用する計画であることをNikkei Asiaは報じています。

Apple M3チップ

現在開発中のモバイルプロセッサ「A17」は、TSMCのチップ製造技術「N3E」を使って量産され、来年後半に登場する見込みであるとこの件に詳しい3人の関係者は述べています。A17は、2023年に発売が予定されている次期iPhoneラインナップのプレミアムモデルに採用される予定です。

N3Eは、TSMCの現在の3nm製造技術「N3」のアップグレード版で、今年になってようやく使用が開始されたばかり。Mac向けの次世代M3チップもこの技術を使用する予定だと、2人の情報筋は付け加えています。
N3Eは、最初のバージョンの技術よりも性能とエネルギー効率が良くなると、TSMCは最近開催された技術シンポジウムで述べています。

記事によると、AppleはTSMCの第1世代の3nm技術N3を最初に使用し、次期iPadの一部に搭載するそうです。
今回の報道がどのiPadモデルを指しているかは不明ですが、噂では、Appleは来月TSMCの第2世代5nmプロセスをベースに製造されたM2チップでiPad Proをアップデートする見込みです。また、古いA14チップを搭載した新しいエントリーレベルのiPad第10世代も今年後半に登場すると予想されています。

今月発表されたiPhone14シリーズでは、プレミアムモデルのiPhone 14 Proおよび14 Pro Maxだけが、TSMCの4nmプロセス技術で製造された最新のA16コアプロセッサを採用しています。標準的なiPhone 14および14 Plusは、2021年後半に発売されたiPhone 13とiPhone 13 Proで採用された旧型のA15を搭載しています。

iPhone 14とiPhone 14 Proシリーズ

SemianalysisのアナリストDylan Patel氏によれば、Appleは生産技術のレベルの違いを利用して、プレミアムモデルと非プレミアムモデルの間に大きな違いを導入する可能性が高いです。これまで両者の最大の違いは画面とカメラでしたが、さらにプロセッサやメモリーチップに拡大する可能性があるそうです。

via MacRumors

新しいiPhoneの情報は新型iPhoneの噂カテゴリーにまとめてあります。
新しいiPadに関する情報は新型iPadの噂カテゴリーにまとめてあります。
新型Macを含むMac全般の情報はMacカテゴリーに、iMacの情報はiMacカテゴリーに、MacBook ProやMacBook Airの情報はMacBook Pro, Airカテゴリーに、Mac StudioやMac miniについてはMac miniカテゴリーに、それぞれまとめてあります。
新モデルの噂を含むApple Watchに関する情報はApple Watchカテゴリーにまとめています。
AirPodsの情報はAirPodsカテゴリーにまとめてあります。
iOS16とiPadOS16に関する情報はiOS 16カテゴリーに、iOS15とiPadOS15についてはiOS 15カテゴリーに、それぞれまとめてあります。

Apple公式サイト
ドコモオンラインショップ
ソフトバンク
ワイモバイル
au Online Shop
楽天モバイル
UQモバイル

ビックカメラ.comicon
Amazon.co.jp

ちょびリッチ(登録で2000円分相当もらえる)
ライフメディア(登録で最大2500円相当もらえる)
楽天Rebates(登録で最大2000円相当もらえる)
モッピー(登録で最大2000円相当もらえる)
ハピタス(登録で最大1000円相当もらえる)
ECナビ(登録で最大1000円相当もらえる)
ポイントタウン