こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Apple、MagSafeバッテリーパックを発売 リバースワイヤレス充電をサポート

Appleは日本時間7月14日、「MagSafeバッテリーパック」を発売しました。
価格は11,800円(税込)。
Apple公式サイトで本日より注文可能で、配送は7月20日以降です。

f:id:kobonemi:20210714101335j:plain
MagSafeバッテリーパック


「MagSafeバッテリーパック」は、MagSafeを搭載した、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxで利用可能です。
iPhone12シリーズの背面に磁石で装着して使えます。

電源アダプタとケーブルは別売りとなり、20W以上のUSB-C電源アダプタとUSB-C - Lightningケーブルが推奨となっています。
27W以上の充電器と組み合わせることでさらに充電が高速になります。
Lightningケーブルを接続することで最大15Wの充電ができるワイヤレス充電器としても利用可能です。

f:id:kobonemi:20210714101400j:plain
MagSafeバッテリーパック


公式サポートページを確認すると、リバースワイヤレス充電(双方向ワイヤレス充電)が利用可能であることが確認できます。
リバースワイヤレス充電とは、ワイヤレス充電器でスマホを充電するだけでなく、スマホの背面に対応するアクセサリーやイヤフォンなどを置くことで、それらの充電にも使用できる技術を指しています。

まず、iPhoneとMagSafeバッテリーパックの両方を同時に充電すること可能です。MagSafeバッテリーパックをiPhoneに装着してから、MagSafeバッテリーパックを電源アダプタに接続することで、iPhoneとMagSafeバッテリーパックに同時充電可能と説明されています。

また、MagSafeバッテリーパックをiPhoneに装着し、iPhoneを電源に接続することでも、両方を充電することができると説明されています。
Appleは有線接続のCarPlayやMacへの写真転送など、充電中にiPhoneを他のデバイスに接続する必要がある場合はこの方法を推奨しています。

後者の方法(MagSafeバッテリーパックをiPhoneに装着し、iPhoneを電源に接続することで両方を充電)は、iPhoneの背面を介してMagSafeバッテリーパックが充電されていることが示されています。これがリバースワイヤレス充電です。

公式サポートページでこのように説明されていることから、iPhone12シリーズがリバースワイヤレス充電を正式にサポートしたことは間違いないでしょう。
しかしながら、Appleはこれまでなぜ発表してこなかったのかという疑問が残ると9to5Macは指摘しています。
Appleがこの技術を認証アクセサリーでのみ動作するようにしたかったと推測され、今後はAirPodsやApple Watchなどがリバースワイヤレス充電に対応すると思われますが、それが現行モデルで可能になるのか、将来のモデルで可能になるのかはわかりません。

新しいiPhoneやiPod touchの情報は新型iPhoneの噂カテゴリーにまとめてあります。
新しいiPadに関する情報は新型iPadの噂カテゴリーにまとめてあります。
新型Macを含むMac全般の情報はMacカテゴリーに、iMacの情報はiMacカテゴリーに、MacBook ProやMacBook Airの情報はMacBook Pro, Airカテゴリーにまとめてあります。
AirPodsの情報はAirPodsカテゴリーにまとめてあります。
iOS15とiPadOS15に関する情報はiOS 15カテゴリーに、iOS14とiPadOS14についてはiOS 14カテゴリーに、それぞれまとめてあります。

Apple公式サイト
ドコモオンラインショップ
ソフトバンク
au Online Shop
楽天モバイル
UQモバイル

ビックカメラ.comicon
Amazon.co.jp