こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone12、5Gを使うと4Gよりもバッテリー駆動時間が2時間も短くなるというテスト結果

「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」は5G通信に対応しています。

Tom's Guideは、iPhone12とiPhone12 Proで、4Gを使った場合と、5Gを使った場合とでバッテリー寿命のテストを行い、その結果を公開しています。

Tom's Guideの行ったテストは、150 nitの画面の明るさで継続的にウェブを閲覧し、バッテリーがなくなるまで30秒ごとに新しいサイトを開くというものです。
iPhone12とiPhone12 Proでは、5Gと4Gでこのテストを実行しましたが、その違いはかなり大きなものでした。

f:id:kobonemi:20201019200403p:plain
iPhone 12の5G表示


iPhone12をAT&Tの5Gネットワークでテストしたところ8時間25分でした。
iPhone12を4Gだけにしてテストしたところ10時間23分でした。
同じテストを行ったiPhone11は4Gで11時間16分でした。

iPhone12 Proの場合はT-Mobileの5Gネットワークで9時間6分でした。同じく4Gでは11時間24分でした。
昨年のフラッグシップiPhone11 Proは10時間24分でした。

iPhone12もiPhone 12 Proも、5Gと4Gを切り替えてテストした場合、5Gは4Gよりも約20%もバッテリー寿命が短くなることが示されました。

デバイス バッテリー駆動時間
iPhone 12 (5G/4G) 8:25/10:23
iPhone 12 Pro (5G/4G) 9:06/11:24
iPhone 11 (4G) 11:16
iPhone 11 Pro (4G) 10:24
Galaxy S20 5G (60Hz/120Hz) 9:31/8:04
Galaxy S20 Plus 5G (60Hz/120Hz) 10:31/8:55
OnePlus 8T 5G (60/Hz/120Hz) 10:49/9:58
Google Pixel 5 (60Hz/90Hz) 9:56/9:29

(60Hz/120Hzというのはディスプレイのリフレッシュレート)

Tom's Guideはまた、同じテストを実施したAndroidデバイスの方がiPhone12よりも5Gネットワークおけるバッテリー寿命で優れていることを指摘しています。


iPhone 12シリーズ全体のバッテリー容量はiPhone11シリーズ減少したことがわかっていましたが、実際にバッテリー駆動時間に与える影響は未知数でした。

バッテリー駆動時間のこうした結果は、iPhone12とiPhone12Proに「スマートデータモード」を搭載した理由になっているかもしれません。「スマートデータモード」は必要のないときに5Gをオフにします。たとえば、画面をオフにして音楽をストリーミングする場合、スマートデータモードは5Gをオフにし、代わりに4Gを優先すると報告されています。

ユーザーはまた、5Gを手動でオフにして、iPhoneのバッテリー寿命を延ばすという選択もできます。設定では、「5Gをオン」「5Gを自動」「LTE」から選択でき、5Gを自動にすることがスマートデータモードになるようです。

via MacRumors

iPhone 12とiPhone 12 Proは10月23日(金)に発売です。
iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maは11月6日(金)午後10時より予約注文が開始され、11月13日(金)に発売されます。

iPhone12シリーズは、Apple公式サイトのほかビックカメラなど一部の家電量販店でも購入可能です。
ドコモ・au・ソフトバンクの各キャリア版のほかにもSIMフリーモデルも購入できます。

Apple公式サイト
ドコモオンラインショップ
ソフトバンク
au Online Shop

Amazon.co.jp
Appleのストア
MagSafe充電器
20W USB-C電源アダプタ