こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone9の本格生産開始もiPhone12はスケジュールに遅れ、新型コロナウイルスの影響で

「iPhone SE 2」あるいは「iPhone 9」と称される、新しい低価格iPhoneは本格生産が開始されているようです。

DigiTimesの有料記事「Production of next-gen flagship iPhone unlikely to kick off in June」によると、低価格モデルは順調に進んでいるようにみえますが、次期ハイエンドモデル(iPhone 12)はそのEVT(Engineering Validation Test/技術検証試験)のためにエンジニアを中国に派遣することを中止しています。EVTは全検証プロセスの最初の段階で、一般的にはその後DVT(Design Validation Test/設計検証試)、PVT(Product Validation Test/生産検証試験)と続きます。

中国武漢で発生した新型コロナウイルスの影響で、Appleは先月から中国への渡航を制限しています。
結果として、DigiTimesは、匿名の業界筋を参照し、iPhone12の各モデルの量産が6月に開始される可能性は低いと主張しています。コロナウイルスの発生は流動的な状況であるため、今後のスケジュールは変更される可能性があります。生産の遅れが現実化したとして、デバイスの供給が通年よりも厳しいとしても、Appleが9月にiPhone 12シリーズを例年通り発表する可能性はまだあります。



これまでの情報を整理しておくと、iPhone 12シリーズには、5.4インチが1モデル、6.1インチが2モデル、6.7インチが1モデル、合計4つの新しいモデルがラインナップされます。そのすべてのモデルにAppleが設計したより高速なA14チップが搭載される見込みです。DigiTimesは、A14チップの注文がA13チップの注文より50〜60%多いと予想しています。

www.kobonemi.com


via MacRumors

新しいiPhoneやiPod touchの情報は新型iPhoneの噂カテゴリーにまとめてあります。
新しいiPadに関する情報は新型iPadの噂カテゴリーにまとめてあります。