こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

「iPhone 12」の一番小さなモデルはiPhone SEに近いサイズ?モックアップモデルを計測

Appleが2020年に発売する「iPhone 12」のモックアップモデルの写真とビデオをMacお宝鑑定団 blog(羅針盤)が紹介しています。

Alibabaから入手したというモックアップモデルは5.3インチ、5.9インチ、6.4インチサイズとなっており、Ming-Chi Kuo氏を始め報告されているiPhone12の画面サイズ(5.4インチ、6.1インチ、6.7インチ)とは異なる点をまずは注意しておく必要があります。ただし、筐体の縁までいっぱいに画面が収まる場合は予想されているサイズになる可能性もあります。

今回のモックアップの特徴として、筐体側面が平らになっており、USB-Cを搭載した現行iPad Proに近いデザインになると指摘されています。



個々のモックアップの本体サイズを測定してみたところ、最も小さい5.3インチモデルは高さ・幅がiPhone SEとiPhone8の中間のサイズとなるようです。

モデル 高さ×幅×厚み
iPhone SE 123.8×58.6×7.6mm
5.3/5.4インチモックアップ 131×64×7.4mm
iPhone 8 138.4×67.3×7.3mm


iPhone SEのサイズで新モデルを待ち望むユーザーは、そのサイズにかなり近い新モデルを入手できる可能性があります。
このモックアップモデルは、iPhone SEよりもサイズアップするものの、iPhone8ほどは大きくならず、よりコンパクトな最新iPhoneが欲しい方は今年が買い時かもしれません。


新しいiPhoneやiPod touchの情報は新型iPhoneの噂カテゴリーにまとめてあります。
新しいiPadに関する情報は新型iPadの噂カテゴリーにまとめてあります。