こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Amazon、Apple、Googleがスマートホーム製品向けのオープンスタンダード開発で提携

Amazon、Apple、Google、Zigbee Alliance は現地時間12月18日、スマートホーム製品間の互換性を向上させるために、新たなワーキンググループを結成し、スマートホームデバイス向けにオープンスタンダード開発をめざすことを発表しました。
新しいワーキンググループは、セキュリティを基本的な設計思想として、新しいロイヤルティフリー(使用料無料)のコネクティビティ規格の開発、および採用を奨励することで、スマートホーム製品間の互換性向上を目指します。

Connected Home over IP プロジェクトの目標はメーカー各社の開発業務を簡素化し、利用者のために各社製品の互換性を向上させるとともに、デバイスメーカー各社が、スマートホームならびに、Amazon Alexa、Apple Siri、Google Assistant などの音声入力サービスと互換性のあるデバイス開発を容易にすることも目指すとのこと。



写真はApple HomeKit。


新しいワーキンググループは新しい統一された接続プロトコルの開発‧実装にあたりオープンソースのアプローチを取る予定で、Amazon、Apple、Google、Zigbee Allianceほか、各社製品の市販を通じて検証されてきたスマートホーム技術の知見を利用する方針となっています。これにより開発が加速され、より早く成果をお届けできることが期待されるそうです。

今後の展開が楽しみです。

Source:Apple ニュースリリース