こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

A13チップ+3GB RAM搭載となるiPhone SE2が来年春に発売:著名アナリスト

Appleは2020年第1四半期(1~3月)に低価格な「iPhone SE 2」を発売するとアナリストMing-Chi Kuo氏は最新レポートで予測しています。

新モデルは、フォームファクターデザインとハードウェアスペックはiPhone 8に似ています。
最も重要なハードウェアスペックのアップグレードは、A13プロセッサと3GB LPDDR4X RAMの採用です。

We forecast that Apple will launch the more affordable iPhone SE2 in 1Q20. For the most part, the form factor design and hardware spec are similar to iPhone 8's. The most significant hardware spec upgrade will be the adoption of the A13 processor and 3GB LPDDR4X. iPhone SE2 will likely increase iPhone's market share and benefit Apple's promotions for service and content. We expect that the iPhone SE2 shipment will reach 30–40mn units in 2020.

iPhone SE2はiPhoneの市場シェアを増加させ、Appleのサービスとコンテンツのプロモーションに貢献することでしょう。iPhone SE2の出荷は2020年に3〜4000万台に達すると予想されています。



AppleがiPhone SEの後継となる廉価版モデルを準備しているという情報は以前から何度も出ています。
最近では、日経新聞が4.7インチディスプレイを搭載した新型iPhone SEを2020年春にも発売すると伝えています。

iPhone8をリネームしただけでは?とも思いますが、少なくとも最新のプロセッサや高速なメモリーを搭載させつつ、Touch IDやシングルカメラなどでiPhone11など最新モデルとの違いを与えるのだと思われます。


Appleは現在もiPhone8を販売しています。
価格は64GBが52,800円で、現在販売されているiPhoneでは最も安価です。
AppleがiPhone SE2を発売した場合、iPhone8の販売は同時に終了するでしょう。
そして、iPhone SEの当時の価格に近付けるため、32GBなどストレージ容量を小さくしたモデルを用意するかもしれません。

4インチという小型のサイズを望んでいるユーザーにとっては、4.7インチはまだ大きいかもしれません。
それでもiPhone8以降に発売されたiPhoneはいずれもそれ以上に大きく、最新スペックとなったiPhone8は次善の選択肢となるのではないでしょうか。

Source:9to5Mac, MacRumors


新しいiPhoneやiPod touchの情報は新型iPhoneの噂カテゴリーにまとめてあります。
新しいiPadに関する情報は新型iPadの噂カテゴリーにまとめてあります。