読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone SEの中身は6s並で外観はほぼ5sの模様

iPhone 7

「iPhone SE」は12メガピクセルカメラと4Kビデオ撮影などを含みiPhone 6s並の高性能な4インチモデルになりそうですが、結局はiPhone 5sとほとんど同じデザインとなりそうです。9to5Macが最新情報として伝えています。

iPhone SEはiPhone 6以降のようなカーブしたデザインを取り入れるという噂もありました。しかし、それが実現することはなさそうです。丸いボリュームボタン、電源ボタン、マイク、イヤフォンジャック、金属とガラスの背面などなど、iPhone 5sと同じになりそうです。
唯一といっていい見た目の違いはデバイスのエッジとのこと。情報筋いわくかなり微妙にカーブしているようですが、しかし、目立つような変化ではなさそうです。デザインの変更によって端っこは光の反射しないようなマット処理となって、その部分の傷が目立たなくなるかもしれません。


写真はiPhone 5s。


一方で中身は相当パワフルになりそうです。
A9プロセッサ、M9チップ、いつでもHey Siriサポート、Apple Pay対応NFC、携帯電話通信・Wi-Fi・Bluetooth接続の高速化など最新モデルならではの性能となりそうです。
加えて、今回の情報ではカメラシステムもiPhone 6s同等になることがわかったそうです。それによれば、リアカメラは12Mピクセルとなり4Kビデオ撮影も可能です。

容量は16GBと64GBになりそうです。ローズゴールドもカラーラインナップに加わるでしょう。iPhone 5sと同じ450ドルからの価格になるようです。

デザインがiPhone 5sとほぼ同じとなることで保護ケースも多くがそのまま流用できることが予想されます。4インチを愛するユーザーにとってこれ以上ないデバイスとなるでしょう。


スポンサーリンク


結局、この新モデルはiPhone 6sの内部を持ちiPhone 5sから大幅にアップグレードしたデバイスとなりそうです。しかし、iPhone 6s miniではありません。Appleが社内でこのデバイスをiPhone 5SEと呼んだ所以がここにあります。

Source:9to5Mac

Apple Store

Amazon.co.jp