読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

新型iPhone EditionはTouch IDが背面に?垂直デュアルカメラへ(イメージデザインあり)

「iPhone 8」として広く知られている、AppleのiPhone誕生10周年の記念碑的新モデルは「iPhone Edition」という名称になり、Touch IDが背面に移動し、デュアルカメラが垂直方向に変更される、という情報をiDropNewsが伝えています。「iPhone Edition」という名称は以前にも浮上していましたが、ここで再度の登場です。

今回、Foxconn関連の匿名筋による情報とのことで、最終段階のプロトタイプをベースにしたというイメージデザインも作成されています。



まず、カメラについて。現在、iPhone7 Plusの2つのリアカメラはデバイスを縦にした状態で水平方向に並んでいますが、AR/VRヘッドセットとしてデバイスが横方向に使われるのに合わせて2つのレンズが縦方向に垂直に並ぶとしています。

次に、背面については、現在のiPhone Editionのプロトタイプはガラス製ではなく金属製のバックプレートを特徴とします。落下時の耐衝撃性の点でAppleは金属製のボディを選択したようです。

加えて、その背面に指紋認証スキャナーが搭載されます。AppleはiPhone 5s以降Touch IDを前面にあるホームボタンに搭載してきました。新モデルではそれが初めて背面へと移動します。
四方のベゼルが狭くなり、ホームボタンの位置までディスプレイが拡大し、Touch IDを含むホームボタンがディスプレイ内に統合されるという情報は以前より複数ありました。しかし、iDropNewsの情報源によれば、Touch IDは背面のAppleマークの下に移動します。こうしたデザインはAndroidスマートフォンでは珍しくありませんが少なくともiOSデバイスでは初めてです。ホームボタンは現在のAssistiveTouchのような仮想ボタンとして前面にあるようです。スクリーンに指紋認証を統合するのが技術的に困難な場合このイメージデザインのようにその機能を背面に移すことは次善の策であろうと9to5Macは指摘しています。



ディスプレイについては、ベゼルは狭くなるものの前面すべてを覆うような設計とはならず、2.5DのOLED曲面ディスプレイになるようです。イメージデザインを見ると、左右両端は曲面となりほぼ端までスクリーンが覆うベゼルレスです。一方、天地はもう少し余裕があり、上部にはスピーカーやセンサーが置かれ、下部はホームボタン含めディスプレイに収まります。


新型iPhoneについては、iPhone 8カテゴリーにまとめてあります。

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp