こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone XとiPhone8の高速充電 その方法と必要なものは?

「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」は高速充電に対応し、30分で最大50%充電が可能とAppleは記載しています。

iPhone Xの試作ハードウェアとソフトウェア、Apple USB-C電源アダプタ(29WモデルA1540、61WモデルA1718、87WモデルA1719)アクセサリを使用し、2017年8月にAppleが実施したテスト結果によります。高速充電のテストは、バッテリーを完全に消費したiPhoneハードウェアを使って実施しました。充電時間は環境条件によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。

上記3種類のUSB-C充電器はいずれもUSB-Cポートなので、iPhone付属のUSB-Lightningケーブルでは接続できず、「USB-C - Lightning ケーブル」を使う必要があります。





USB-C充電器の記載を見ると、

この電源アダプタはあらゆるUSB-C対応デバイスとの互換性がありますが、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xと一緒に使うと高速充電機能を活かすことができます。USB-C - Lightningケーブルは別売りです。

と書かれています。

新iPhoneの高速充電については各メディアがすでに伝えています。


というわけで、iPhone X/8の高速充電には、

  • USB-C電源アダプタ(29W/61W/87W)
  • USB-C - Lightningケーブル

が必要です。


スポンサーリンク


どうやって揃えるか

ここで自分の環境について。

私は12インチMacBookを持っているので、付属の29W USB-C電源アダプタを使うことで新型iPhoneを急速充電できることになります。


しかしながら、「USB-C - Lightningケーブル」を持っておらず、「USB-C - USBアダプタ」があるだけです。
この「USB-C - USBアダプタ」とiPhone付属のUSB-Lightningケーブルを使って、iPad Proを充電したりしています。

「USB-C - USBアダプタ」の説明には、iPhoneやiPadを接続できると書かれていますが、

アダプタのUSB-C端子をあなたのMacのUSB-CまたはThunderbolt 3(USB-C)ポートに差し込めば、フラッシュドライブやカメラをはじめとする標準的なUSBデバイスを接続できます。iPhone、iPad、iPodを同期したり充電するためのLightning - USBケーブルを接続することもできます。

どうも、MacのUSB-Cポートと接続することを前提とした説明なのです。
Appe公式サイトの製品レビューを見ると、MacBook付属のUSB-C充電器と「USB-C - USBアダプタ」を組み合わせてiPad Proを充電しているというものがありました。

私も同じ方法でiPad Proを充電しています。
確かに充電できるのですが、果たして高速充電されているのか、その点が未検証です。
iPhoneやiPad付属の標準的なUSB-Lightningケーブルと「USB-C - USBアダプタ」が高速充電に対応しているのかがキモですが、USB電圧・電流チェッカーなどで計測する必要がありそうです。
Engadget 日本版の記事を読むと、そもそも「USB-C - Lightningケーブル」によっても高速充電できないケースもあるようです。

USB-C充電器のメリット・デメリット

私にとってこの方法によるメリットは、高速充電はもちろんですが、MacBook、iPad、iPhoneを1つの充電器で充電できることです。
充電器を共用するので出かけるときの荷物が少なくなります。

一方、デメリットは、充電器やケーブルを購入する価格の問題です。
私はMacBookを所有していたので29W USB-C充電器をすでに持っていましたが、それを新たに購入すると税別5200円かかります。「USB-C - Lightning ケーブル」は1mタイプが税別2800円です。合計すると8000円!正直高いです。

もう1つの懸念は、一度に充電できるのは1つのデバイスだけ、ということです。
iPhoneとMacBookのバッテリーが少なくなってしまい、どちらもできるだけ速く充電したい場合、いかに高速充電可能であっても1台ずつしか充電できないのです(少なくともApple純正USB-C充電器は1ポートなので)。
充電を要するデバイスが2台、3台と増えてしまうと、結果として複数の充電器を使い並行して充電した方が早いケースが出てくるかもしれません。


Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp