読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone8に発売遅れの可能性、指紋センサー内蔵ディスプレイに問題か

「iPhone 8(あるいはiPhone X/iPhone Edition)」は限りなくベゼルレスとなり、ホームボタンを取り払いディスプレイ内にTouch IDを内蔵させるといわれています。

Cowen and CompanyのアナリストTimothy Arcuri氏のリサーチレポートを伝えるMac Rumors9to5Macによれば、Appleは5.8インチのiPhoneに生産上の大きな問題に直面しています。
問題はAuthenTecの技術を用いた自社開発の指紋センサーで、その歩留まりが低く、製造問題が解決できなければ新モデルのデザインの見直しさえも必要かもしれません。

Appleは今年3つの新型iPhoneを発表するといわれています。その中のフラッグシップモデルである5.8インチのOLED iPhoneはTouch ID内蔵のホームボタンを廃止し、画面内に指紋認証センサーを統合する根本的な再設計を行うと広く予想されています。



写真はiPhone8のコンセプトイメージ


Appleが現在の問題を解決できない場合、Arcuri氏はAppleの次の3つの選択肢を予想しています。

  • 5.8インチiPhoneからTouch IDを完全に取り除き顔認証や虹彩認証だけにする
  • Touch IDを本体背面に内蔵させる。Samsung Galaxy S8の採った使いにくいと評価されているソシューションだが、それとは異なる位置に
  • 5.8インチiPhoneの生産を遅らせる。ただし、9月の発表イベントで4.7インチ&5.5インチモデルと一緒に発表される

Arcuri氏は最初の選択肢の可能性はかなり低いと考えています。また、2番目の選択肢は以前にも噂がありましたが、デザイン上好ましいとはいえません。残る3番目は可能性としては高そうです。
Arcuri氏は、Appleが5月までに指紋認証センサーの仕様を確定させようとしていると指摘しています。しかしながら、問題が解決できない場合、大量生産は9月まで遅れることもあり得ます。なお、Appleは通常7月~8月にiPhoneの新モデルの大量生産を行います。

Appleは9月に新型iPhoneを発表し、予約さえ始めたとしても、その出荷はだいぶ先になるのかもしれません。
しかしながら、そんなことはAppleファンにとっては毎年のことかもしれません。昨年、iPhone7のジェットブラックモデルは非常に限られた台数しか流通せずにユーザーは長い期間を待たされました(私は9月の予約開始当日に予約し10月中旬に手元に届きました)。今年も新しいiPhoneの入荷連絡を首を長くして待つ可能性が出てきました。

新型iPhoneについては、iPhone 8カテゴリーにまとめてあります。

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp