読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

DigiTimes:iPhone8はアルミに替わりステンレスとガラス製筐体に

iPhone 8 iPhone 7s

次期iPhone(iPhone 8)は、その新しいシャシーフレームに従来のCNCではなくステンレス鍛造成形技術を用いる可能性があるとDigiTimesが報じています。

コンポーネントの発注はFoxconn Electronics(Hon Hai Precision Industry)および米国拠点のJabilと予想されています。

記事では、次世代iPhoneは従来のアルミニウムによる背面を覆う設計を捨て、表裏2枚の強化ガラスパネルに金属製フレームを間に挟む新デザインを採用するとしています。金属フレームはステンレス鋼を用い、強度を高め、コストの削減と製造時間の短縮を目的としているようです。



写真はiPhone8のイメージデザイン


Appleは、iPhone4でFoxconnとJabilによって供給されたステンレス鋼を用いていました。しかし、それ以降のiPhoneはアルミニウムを用いてデザインされてきました。


スポンサーリンク



Appleは3種類の新しいiPhoneを今年発売するといわれています。
最近の情報では、現行のiPhone7/7 Plusの後継モデルとしてiPhone 7s/7s Plus、そして、新しいデザインのiPhone8が登場すると予想されています。前者が従来同様の4.7インチと5.5インチなのに対し、後者は5インチともいわれています。

Appleは数世代にわたって使用されてきた素材を変えることで、意欲的な新デザインを新モデルに採用するつもりなのかもしれません。背面にガラスを使うことで、現在のようなアンテナラインを取り入れる必要はなくなるなど、より柔軟なデザインを取り入れることができるはずです。

新型iPhoneについては、iPhone 8カテゴリーにまとめてあります。

Apple公式サイトで購入