読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone8、Apple製の新型指紋センサーを画面統合か 超音波のような生体認証システム採用とも

iPhone 8 iPhone 7s

iPhone誕生10周年の節目となる今年の新型iPhone。
AppleはTouch IDの代わりに自社設計となる新しい指紋認証センサーを開発したという情報をDigiTimesは伝えています。
OLEDディスプレイが前面いっぱいに拡大されベゼルレスになるともいわれている「iPhone 8」(あるいは10周年の「10」を意味する「iPhone X」)。Appleはその記念すべき新モデルで新たな生体認証機能を搭載すると予想されています。

記事では認証機能が画面内に統合されることを意味するように「内蔵」センサーと呼んでおり、従来のSynapticやQualcommではなく、AppleはAuthentecのアルゴリズムとPrivarisのガラス技術を用いた自社開発のセンサーを開発したとされています。Touch ID指紋認証は元々Authentecの技術から来ておりAppleは2012年にそれを得ました。またAppleは2015年にPrivarisの特許を複数取得しておりその中にはタッチスクリーンと指紋認証とを同時に利用する技術が含まれています。



写真は新型iPhoneのイメージ


DigiTimesの記事の中で興味深いのは、この新開発された新しいセンサーを搭載するためにOLED iPhoneは9月まで大量生産に入らないとしていることです。
新モデルが例年通り9月に発売するのであれば、もっと余裕をもって生産を始めるはずです。したがって、記事が正しければ、OLED搭載モデルは9月ではなくたとえば10月まで発売されない可能性があります。かつてAppleはiPhone4を10月に発売した実績があります。

一方、新センサーを搭載しないLCD搭載の2つの新モデルは7月に大量生産に入るとしています。これらはおそらくiPhone 7sおよび7s Plusでしょう。そうであれば、Appleは9月に3つの新型iPhoneを発表し、先にiPhone 7sシリーズを発売、その後iPhone8を発売するつもりなのかもしれません。

iPhone8にだけ搭載されるという新設計の生体認証センサー。記事によれば超音波のような生体認証システムを採用します。なお顔認証や虹彩認証の可能性もこれまで伝えられていました。

Source:Mac Rumors, 9to5Mac

新型iPhoneについては、iPhone 8カテゴリーにまとめてあります。

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp