読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

最終デザインとされるiPhone8のモックアップ写真

最終デザインを主張する「iPhone 8」のモックアップ写真をBGRが伝えています。

Appleは複数のデザインを試しており、生産が難航しているとも伝えられているiPhone8。BGRは世界初としてこの写真を紹介しています。

このモックアップは、次世代iPhoneを製造する工場からリークされた、最終決定した本物の図面を使っていると考えられています。
モックアップは、筐体背面に指紋認証センサーを搭載しているようには見えないとBGRは指摘しています。ただし、このようなダミーモデルにすべての特徴が表現されているわけではないことも注意しています。また、Touch IDセンサーがディスプレイに埋め込まれていることが確実だともいえません。



モックアップの写真には、iPhone8で最近噂されているいくつかのデザイン的特徴を見ることができます。

前面と背面のエッジはわずかにカーブしている2.5Dガラスパネルを特徴としています。その間には研磨されたステンレス鋼の筐体があり、全体的に滑らかな外観を形作っています。

側面の電源ボタンは従来よりも長めのようです。両端で別の機能を割り当てる可能性もあります。
ミュートスイッチやボリュームボタンの配置はiPhone7シリーズと同じようです。



背面カメラは垂直方向に2つのレンズが並んでいます。水平方向であったiPhone7 Plusとは異なるデザインです。カメラ全体が突出しておりLEDフラッシュやマイクもその部分に含まれると思われます。iPhone8のカメラは光学ズームなどと共にAR機能も搭載すると予想されています。



下部側面には、当然のように、ヘッドフォンジャックはありません。Lightningコネクタを中央に、その左右にスピーカーグリルがあります。この辺りのデザインはiPhone7シリーズに近いです。



多くのメディアが今年のiPhoneを「iPhone 8」と仮に呼んでいますが、本当の名称はまだわかっていません。ほかにも、「iPhone X」や「iPhone Edition」という名称を主張する情報もあります。「X」はiPhone誕生10周年を、「Edition」はハイエンドのApple WatchであるApple Watch Editionからきています。

新型iPhoneについては、iPhone 8カテゴリーにまとめてあります。

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp