読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

背面Touch ID搭載iPhone8の図面

「iPhone 8」は従来の物理的なホームボタンの位置までディスプレイが拡大されるといわれています。そこで、指紋センサーTouch IDが画面内に組み込まれるのか、あるいは背面に移動するのか、という2つの予測や情報とが出ています。

香港ベースの調査会社CLSAは、Appleが新モデルでもTouch IDを保持し背面に配置する可能性が高いと最新のリサーチレポートで主張していることをMac Rumorsが紹介しています。

それによれば、SamsungとAppleは共に2017年の製品で指紋認証センサーを画面内に統合しようとしたが、まだ技術が成熟していなかったようだと主張しています。

CLSAは、iPhoneの背面Appleロゴのすぐ下に指紋認証センサーを配置した次の図面を制作しました。



SamsungはGALAXY S8の背面に指紋センサーを搭載しましたが、背面カメラの下に置いたことで評価の芳しくないレビューもありました。

この図面では指紋センサーをより下に置くことで誤ってカメラレンズに触れてしまうようなミスは起こりにくくなると考えられます。

ここで示されているiPhone8の本体サイズは144×71×7.69㎜です。iPhone7よりも若干大きいもののiPhone7 Plusよりも小さいです。ただし厚みに関してはiPhone7シリーズよりも厚くiPhone SEとほぼ同じくらいです。



一方、Benjamin Geskin氏はこの図面が偽物で絶対誤っているとツイートしていることをiDownloadBlogが紹介しています。

Appleは新モデルのために10種類ものプロトタイプを制作し開発を行っているといわれています。今回の図面の元情報はそうしたプロトタイプの1つとも考えられます。

新型iPhoneについては、iPhone 8カテゴリーにまとめてあります。

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp