読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone8は筐体も全てガラス製で確定?サプライヤーは生産準備へ

iPhone 8 iPhone 7s

来年にも登場するといわれている「iPhone 8」の話題。
今年がiPhone7なら来年はiPhone 7sになりそうですが、iPhoneの10周年にあたる2017年にはすべてを新設計した今まで見たこともない新製品が出るという観測。

MyDriversが情報筋の話を紹介しています。
それによれば、来年のiPhone8は、すべてのモデルが3Dガラス筐体に切り替わることが100%明白であり、金属筐体にさよならを告げるといいます。
2017年のiPhoneは、これまでと比べて見た目もかなり異なるものと考えられます。



写真は将来のiPhoneのイメージ


ガラス製は強度などが下がる恐れがあるが、Appleはそれを十分踏まえて設計すると予想されてます。Appleは3DガラスサプライヤーにFoxconnなど3社を決定し、それら企業は現在新型iPhoneのためのガラス機器設備を導入しているようです。

AppleはiPhoneのメジャーアップデートサイクルをこれまでの2年から3年周期にするつもりだといわれています。
2年周期であれば今年のiPhone7がメジャーアップデートですが、3年周期に変更したのであれば来年になるはず。
ということで、来年のiPhoneに多くの人がすでに注視しているわけです。


スポンサーリンク


iPhone8の噂や予測を簡単にまとめておくと、

  • 2017年モデルは「iPhone 7s」ではなく「iPhone 8」
  • 全面ガラス素材を採用した、全く新しいデザイン
  • iPhone8は曲面ガラス(3Dガラス)採用
  • 筐体もガラス製(あるいはセラミックなどの混合の情報も)
  • OLED(有機EL)ディスプレイでベゼルフリー
  • 非金属製ボディ採用でアンテナラインはなくなる
  • ワイヤレス充電
  • ホームボタン廃止(全面ディスプレイにより)
  • 全面ディスプレイによりガメラも覆われる
  • 全く新しい操作方法(モーター内蔵で画面全体を振動させるような)の導入


iPhone8の話題は、「iPhone 8」や「iPhone 7s」カテゴリーにまとめてあります。

Apple Store

Amazon.co.jp