読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone7をめぐる2つの速度差

iPhone 7

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」で話題となっている2つの性能差について。

iPhone7/iPhone7 PlusのLTEモデムの違いによる性能差

  • A1778/A1784:Intel XMM7360(GSMのみ)
  • A1660/A1661:Qualcomm MDM9645M(GSM/CDMA両対応)
  • LTE速度計測でIntel製モデムに急激な性能低下の結果
  • 日本版はすべてQualcomm製モデム搭載

それぞれのモデムを搭載する2台のiPhone7 Plusを用意し、基地局から徐々に離れて信号の質の変化を計測した結果として、信号が弱まるほどIntelモデムの方が急激な性能低下が起こっていました。Qualcommと比べて30%の差がついたとも。


iPhone7のストレージの速度差

  • 32GBと256GBのiPhone7でテストした結果、書き込み速度で8倍も遅い結果
    • 32GB:書込42MB/s、読込686MB/s
    • 256GB:書込341MB/s、読込856MB/s
  • iTunesからUSB経由で映画(4.2GB)を書込みで1分以上の差
    • 32GB:約3分39秒
    • 256GB:約2分34秒

一般的に容量が大きいほどSSDは高速になることが多いです。容量の大きなSSDの方がNANDメモリーチップにより多くアクセスできるためパフォーマンスも良くなると考えられています。
特に今回iPhone7ではストレージラインナップが大きく変更されました。
たとえばこれまでの最小ストレージである16GBと、以前の最大容量である64GBであればこれほど大きく差は出なかったかもしれません。

Source:Mac Rumors 1 via iPhone Mania, Mac Rumors 2 via GIGAZINE

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp